基本は依頼と共感

いろんなところで

聞こえてくる

親子の会話

親がお子さんに命令している声が

圧倒的に多い

なかなか言う事を

聞いてもらえず

悪戦苦闘

よくある風景じゃないでしょうか

無意識に「しなさい」

になっている

そこを「してくれるかな」

に変えるだけで、

お子さんは変わるのに

その後に「良くできたね」「有難う」

を付けるともっといい

うまくいかないときは

「やりたくないよね」

と共感してみる

そんなやり取りが

日常になると

素直なお子さん

になっていく

先日講演会でやっていた

先にいつも頑張っているね

など褒めてから

こうできるかなと持っていくのも

いいかもしれない

やってみてください

勉強会は、個別でひらています。

お子さんの性格、お母さんの性格一人一人違うものです

だからやり方も変わってきます

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

お子さんが本当の姿に戻る

今まで、いろんなお子さんを見て来て、

中学生、高校生の伸びに関わるのが

何と

1.5才から3才の駄々コネの

乗り切り方

大切な、自己治癒力

心の自己治癒力

頑張りすぎて

お母さんに、愛してもらいたく

疲れた心を

元に戻すためにする

イヤイヤ・カンシャク・ダダコネ

それにやさしく

共感して付き合う

いい悪いに関係なく

お子さんの、気持ちを共感する

そうすることで

お子さんは、ママに分かってもらえた

安心感で
悪態をついて

暴れて

大泣きして

元の自分に戻っていく

そこに、親子の信頼関係が

出来上がっていく

お子さんは

お母さんに愛されていたい

分かってもらいたい

それを願っている

だから共感して

付き合ってもらうだけで

ただそれだけで

元の自分に戻れる

本当の素直な自分

ゆっくり付きあってあげましょう

お母さんに取って

大仕事かもしれない

だけど

3歳4歳と

だんだん楽になっていく

信頼しあった関係になった子は

小学校4年生ぐらいから

勝手に伸びていく

だから、将来のための

投資だと思って

付き合ってください

勉強会は、個別でひらています。

お子さんの性格、お母さんの性格一人一人違うものです

だからやり方も変わってきます

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

最近感じるのは、いい子を演じる、いい人を演じるは、いい人ではない事に気づかない人が多い

最近感じるのは

素晴らしいことを言う人は多い

幼児教室で言っても、素晴らしいことを掲げて言っているところも多い

「心を育てましょう」

その通り大切なことです

でもどうやって

そこが指導できないと指導ではないですよね

でも多くの方は、その通り素晴らしいと思ってしまう

後で、「あれどうやって」わからない自分が恥ずかしく思う方もいるかもしれません

でも考えてください、

そんなお題目みたいな指導なら本を読めばいくらでも書いてあります

継続的に、心に寄り添って具体的なやり方が必要なのです

それがなければできないのは当たり前です

最近はなんか言葉に踊らされてしまっている

なんか良さそうに見えている

時代ですかね、表面しか見えない方が多くなってませんか

やはり、継続的な行動ができる事が大事で

それを、心の目で見る事が大事だと思います

素晴らしい言葉は誰でも言えます

その場しのぎの言葉も誰でも言えます

それが、瞬時に湧いてくる人が素晴らしい人ではないのです

最近の政治家を見ていても、選挙の時は素晴らしいことを言っています

でも、実際にしている事はどうでしょう

時間はかかるかもしれません

直感的になるかもしれません

でも、言葉に惑わされない

心の目が必要な時代になっていくと思います

きっと、相手の行動を継続的に見ていればわかることも多いと思います

たくさん話すと、だんだん見えてくることも多いと思います

やはり人間の基本は心です

心の目で相手の心が見えるといいですね

表現が抽象的になってしまいましたが

今一番感じています

勉強会は、個別でひらています。

お子さんの性格、お母さんの性格一人一人違うものです

だからやり方も変わってきます

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

なぜダダコネに付き合うのが大変なのか

今まで、いろんなお子さんを見て来て、

中学生、高校生の伸びに関わるのが

1.5才から3才の駄々コネの

乗り切り方だった。

ダダコネは、大切な、自己治癒力

心の自己治癒力

しかし、これに付き合うのには

お母さんの、覚悟がいる

体力的な覚悟

心の覚悟

ただ共感して寄り添うだけでいいんだけど

自分の心が苦しくなる

自分ももっと自由なりたかったことを

思い出してほし

気づいてほしい

多くの方は、かわいそうと言って離してしまう

自分の心が苦しいを言い換えているのに気づかな

多分自分が苦しくなっている

自分の心が騒いでいることに

そこに気が付くと

変わってくる

お母さんが、今日も元気に感情を出している

そんな捉え方をしてくれれば楽になる

苦しがっている子を

ほったらかすのがいいか

抱っこしてあげるのがいいか

考えればわかるよね

でも、心がどうしてもわからない

苦しくなるから

ダダコネに付き合うのが苦手な方の多くは

こんなところで悩む

でも、お子さんにはいい子でいてほしい

そのいい子は

お子さんにとってのいい子なのか

自分にとってのいい子なのか

よく考えてほしい

お母さん方にも乗り越えててほしい

ゆっくり付き合いましょう。

勉強会は、個別でひらています。

お子さんの性格、お母さんの性格一人一人違うものです

だからやり方も変わってきます

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

ダダコネってお子さんの大事な自己治癒力

長い間幼児教室やってきて

何が大事かと聞かれたら

「1.5歳から3歳のダダコネの付き合い方」

と答える

ここをうまく乗り切ると

親子関係もうまくいく

ストレスの発散もうまくいく

落ち着いた子になる

集中力のある子になる

学習できる基本ができる

多くのお母さんは

あやすか

ごまかすか

物で釣るかしている

まずなぜダダコネが起こるか

原因はいろいろあるけど

大きなものは

脳の発育と

身体の発育のアンバランスからくる

能力の限界による

ストレス

いわゆる

カンシャク

それをごまかされれば

そんなもの我慢しなさいと

教えていることになるから

常にストレスいっぱいで

切れやすい子になる

ごまかすも同じ

物で釣ると

それプラス

こうすれば、お母さんなんかくれる

買ってもらえる

になって、わがままになっていく

要は、共感して

付き合うしかないのです

付き合い方にはコツがあります

その子に合う

付き合い方を見つけてください

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

意外とわからないお子さんの本音

勉強会していて、時々不思議に思うことがある。

意外と、お子さんがお母さんのために

頑張っていること

我慢していること

普通は

ダダコネねで

泣いて暴れるのに

我慢しすぎて

パンクしている子が

結構いる

でも、ちょっとしたきっかけで

爆発するので

お母さんは、

何でこんなことで

と思うようだ

あまり理由がなくて

ちょっとしたときの方を

注意深く見てほしい

多分

いろんなこと頑張りすぎて

限界を超えた時だから

やさしく、抱きしめ

いつもがんばって、

偉いねといってみてほしい

ほとんどのの子が

うなずいいて

大泣きする

それに根気よく

 

その怒りと付き合って

頑張ってきたたこと

ほめて、30分ぐらい

それを、繰り返すと

お子さんが少しずつ変わってくる

だんだんお子さんが大きくなると

お子さんへの要求ばっかりで

お子さんと遊ばなくなる

もうでできるでしょ

もういい加減にできてよかな

もちろんできるよ

元気なら

でも、幼稚園も何かと気を使って大変

家でも、ママのご機嫌うかがって大変

もう頑張れないよ

のサイン出していたのに

お母さん気づいてくれなかった

友達と遊ぶのもいいけど

でも、気も使って大変

気をつかわず、思いっきり

ママとも遊びたい

頑張っているご褒美に

1日30分でも

遊んであげたら

お子さんのペースで

きっとご機嫌で

何でもできるよ
一度やってみてください

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

お子さんを伸ばすには

長年お教室をやっていると

いろんなことが見えてくる

すごく伸びている子の

あまり伸びていない子

すごく勉強から逃げている子

小学生ぐらいから

差が出てくる

もちろん

成長の差

性格の差はあると思う

伸びている子の

一つは

0歳1歳位から通ってきているため

お勉強が、遊びの一環になっている

二つ目は

お母さんが、

楽しく

自然に

情報をインプットしたから

好奇心が旺盛になっている子

お教室の宿題も

コンスタントにやっているが

無理させずに

インプット主体で

あまりアウトプットを

要求しないお母さん

そんなお子さんは

お勉強を自分の好奇心を

満足させるために

やっています
逆に

お母さんが、怒って勉強させた子は

できるできないにこだわり
できるふり

分かっているふり

できた時は

できたアピール

できないときは

人のを写す

最初のころの生徒

10年以上の前

はじめはどうしてそうなるかが

分からなかった

子どもたちを観察していると

だんだん見えてきた

今は、その辺の勉強会を

徹底することで

大分減ったと思う

でも、1年に一人ぐらい出てしまうかな

入室が、大きくなってからだと

なかなか修正がきかない

やっぱり入室年齢が

早い方が

うまくいっているよな気がする
三つめは

お子さんに愛情をかけるのがうまい

お母さん

これは、お母さんの経験

お母さんの性格で決まってしまう

そのため

結構、細かく

勉強会で、

性格別の対応を

指導しています

理想的には

4年生ぐらいから伸びだし

どっちかと言うと

それまで、できるできないは

こだわらない

6年生ぐらいで本人が、

出来るかもと気づきだした
そんな子は

中学生になっても

他のお稽古や、部活を頑張っています。

合間の時間をうまく使って

自分のペースで勉強しているようです

四つ目は叱らないしつけ

教えるしつけ

共感しながら、いい悪いを教えていく

具体的な方法は、個人差年齢差が大きので

個別で対応しています

幼児教室(特に右脳)に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスン受けに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

自分で自分の心をコントロールして、いい悪いを判断するしつけ

最近は形だけ整えたしつけ、いい子に見えるしつけが多い様に思えます。

一言で「しつけ」と言っても

難しい

しつけをしているのか

お母さんの願望を

押し付けているのか

いい子を

演じさせているのか

いろんなお子さんを見ていると

色々なところで、

いろんな親子を見ていると

いい子をさせようとする

いい子を演じている子

それがしつけと思っているような気がする

実際には

自分で

正しいか正しくないか判断して

正しい行動をし

正しくない行動をしない

そんな子にするのが

しつけだと思う

そうするためには

もっとお子さんの自我を育て、

その自我で

自分の判断で自分の心を

コントロールするしつけが

必要だと思えます。

もっと自立した、

自分で考えて

自分で判断できる子に

したいものです。

親は、

判断基準を

一緒に考えてあげらたら

いいと思います。

そんな指導をこれからしていきたいと思います。

小手先ではなく、

手っ取り早くではなく、

お子さんと一緒に成長していく

子育てのお手伝いをしていきたいと思います。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

やはり幼児期に心を育てて、小学生以降伸びる子に

やはり幼児期にできる子ではなく

小学生以降伸びる子にする

そんな子育てが大切だと思います

理想を言えば

胎教から始めて

愛されている自信を持って生まれてくるのが

いいと思います

遅くても

「イヤイヤ期」の時期から

しっかり「イヤイヤ」の対応

「ダダコネ」の対応

そこを勉強会や、日々のレッスンの時の指導で

学んでもらい

お子さんに勘違いを起こさないようにして

しっかり愛されている自信をつけて

自我を発揮して

好奇心を発揮して

その自我で自分の心をコントロールすることを教えて

3歳までに心の土台を作ってあげると

幼稚園でもお教室のレッスンでも

落ち着いて集中力のある子が育ちます

そのためには

日々のお母さんの

お子さんとのかかわり方で決まってきます

この時期の関わり方で

脳の成長が明らかに変わります

先生のお話が集中して聞けるか

落ち着きのない子になるかが決まります

お子さんを見ると大体どんなかかわり方を

してきたかが分かるものです

何とか5歳ぐらいまでは

ある程度挽回できますが

それ以上になると挽回が難しくなります

よく5歳ぐらいで他の幼児教室から

移動してくることがありますが

出来る様に見えますが

小学生以降伸びません

そんなお子さんは

いい子に見せるのは得意ですが

心が全く育っていません

お母さんもしくは怖い先生に怒られないすべを覚えているだけで

いい悪いの判断が何も分かっていません

そんなお子さんの心を育てるのに

小学6年間かかったこともあります

3歳までに心の土台ができたお子さんは

その後楽しくレッスンやお勉強に取り組むようになります

やらされる勉強ではなく

楽しむ勉強になるので

小学生以降伸びる素地が出来上がるのです

間違いなく

記憶力と処理の力の基礎は出来上がります

年中、年長で思考力の基本を作り

小学生で思考力を伸ばしていくと

小学4年生以降自分で勉強が出来る子に育っています

この様に10年先を見据えた子育てを考えると

幼児期は非認知スキルを伸ばすとき

特に心豊かにする時だと思います

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

うまく愛情を伝えて、心の育ったお子さんにしたいものです

お母さんたちが、一生懸命愛情を注いでいるが

どうも、お子さんに伝わっていない

そんな感じがする

お子さんは、どうやったら愛されるか

そればかり考えている

どうも、すれ違ってるな

お母さんの、願いが邪魔していることもある

こういう子になってほしい

そんな気持ちが

つい、ああしなさい、こうしなさい

しつけのつもりで言っていると思うけど

ただ口うるさく、叱られている

とお子さんは勘違いする、だから

お子さんは

どうやったらお母さんに愛してもらえるの

お母さんの言う通りやればいいの

になって、

お母さんの顔色ばかり気にして

自由にできない

心の成長もしない

お勉強も身につかない

やってる振り

分かっているアピール

だけどわかっていない

ちょっとした、歯車のずれが

だんだんおおきくなる

おたがいに、何でわかってくれないの

悩みは大きくなる

小学生になると

調整は、すごく大変になってしまう

よそのお教室で

怒られながら勉強してきた子が

年長の夏に移ってきた

その時は何でもできた

小学校に入って

何もしようとしない

でも、お母さんに怒られないように

頑張っていた

簡単な問題考えさせたら

やったことがないと

泣きだした

ちょっと考えればわかるよと言うと

お母さんに教えてもらうと

また泣き出した

その子の勉強は

お母さんを喜ばせるため

お母さんに怒られないため

お母さんもお子さんのため

お子さんの将来のため

でもやり方違ったんだよね

お互い相手のため

でも勉強は自分のため

自分の好奇心を満たすため

気づいてもらうのに

6年かかてしまった

もっとお子さんのペースで

楽しく楽しく

いっぱい抱きしめて

いっぱいほめて

できてもできなくてもいい

お子さんの興味を持ったものに

お母さんが応援団

どうもお母さんが安心したいが

先に来ると

歯車が崩れだす

愛情は

見守ること

信じてあげること

一緒にやってあげること

たくさん好奇心を褒めて

やる気を褒めて

出来なくてもいい

楽しくやることで伝わるのに

勉強も

遊びの一つになるのに

こんな子もいた

お出かけして

遅くなったら

今日は寝よとお母さんが言うと

まだプリントで遊んでない

といって

プリントしてから寝る子もいる

お子さんも楽しく

お母さんも楽しく

そんな環境で

愛情は伝わるような気がする

そして心も育っていく

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757