1歳半位のお子さんの心の成長はこんな感じかな、理解すると子育てが楽になります

普通1歳半ぐらいになると

イヤイヤ期が始まる

おこさんが自分とお母さんが違うことに気付く

お母さんができることは

自分もできると思いだす

しかし、やってみると

うまくいかない

身体の成長よりも

心の成長の方が早いから

うまくいかないと挫折感情が出てくる

するとカンシャクが起こる

爆発すると

気持ちいい事に気付く

ダダコネを起こす様になる

ストレス発散のダダコネは正常なダダコネ

限界を越えてのダダコネは頑張り過ぎのダダコネ

そして

今度は、見るものが

触るものが珍しく

すごい好奇心を発揮する

でもまだ集中力は

2分ぐらいだから

家じゅう散らかる

でもそれも勉強だからかたずけは

1日1回か2回ぐらいでいい

でもこの時期に

しっかりダダコネして

しっかり好奇心を発揮しないと

ダダコネの悪循環になる

お母さんが見てなければやる

外ならお母さんが怒らないから

ダダコネする

当然お子さんの心が成長するのに必要だから

それを無理やり抑えると

お子さんがおかしくなる

何もしない子できない子

何をやっていいか自分で判断できなくなっていく

そんなお子さんを見たら

何歳でも

まず自由にしてあげて

共感しながら

いい悪いを

教えてあげて

と指導する

やっぱり

心の成長には

順番がある

経験がないと

その順番が

うまく歩めない

そんな事を

勉強会でしています

まずは心を育てることが

優秀な子を育てる

第一歩です

心が育ってない子が

やる気もない

目標も持てない

やっぱ心の成長が

一番大事かな

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

 

ダダコネをわがままと勘違いしている方が多い

勉強会や入室説明会をやっていると

非常に気になる事がある

自分のお子さんをいい子に見せようとする

言葉がけ

ダダコネを抑え

好奇心を抑え

自己主張を抑えようとする

人前だからいい子であってほしいと

思う親心、気持ちはわかるが

やり方がちょっと違うなと思います

お子さんの心を動かす言葉がけが大事で

押さえつけるものではない

色々なところで平然と言われるのは

ほとんどがごまかし方で

お子さんの心を傷つけていることに

気づいていない

しっかり導けば

自然にできるようになるのに

目先だけ考え

こうすれば泣き止むとか

こうすればおとなしくなるとか

その場しのぎの言葉が並ぶ

ちょっと時間はかかるりますが

お子さんの心に沿って

考える時間をあげれば

嫌な気持を理解してあげて

共感してあげれば

元気になるのに

そんな場面はたくさんあります

やっぱり、いい子を演じさせてしまうと

心が育たなくなります
1歳半から3歳ぐらいのお子さんは

自己主張と挫折感情から

ダダコネが増えてくる

せっかく心が成長し始めた

サインなのに

対応が大変なので

押さえつけようと

ごまかそうとしてしまう

決してわがままでしていることではないのに

心が成長して

自己主張をしているだけ

好奇心を満たそうとしているだけ

だから、それにうまく付き合えば

自分で、いい悪いの判断ができるようになるのに

好奇心を満足させ

いけないことをしないようになるのに

1年付き合いば、

うまく自己主張に付き合えば

好奇心に付き合えば

格段に心が成長するのに

今を見ないで

先を見て

お子さんの心と

向き合って

お子さんの心が正しく成長するように

お母さんが、

心のトレーナーにならなくては

お子さんの自我と自尊心と好奇心を

大切にした言葉がけが

お子さんの心を成長させます

そんな勉強会を一所懸命やっています

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

やっぱりお子さんが泣いたり怒ったりするの嫌なんだろうな

1歳半から2歳半の「イヤイヤ期」「ダダコネ期」

やはり、頑張っているお母さん達には理解できないし

イライラの原因になっているんだなと感じます

でもお子さんにとっては正常な心の成長ですよ

どうも、先回りしてごまかしている方が多い

めんどくさくなる前にうまくごまかそうとしているように見える

それが良い子育てと勘違いしている

だんだん限界に近づいていき

ダダコネが激しくなる

それが、お子さんの能力を伸ばす妨げになっていますよ

「イヤイヤ」も「ダダコネ」もお子さんの重要な感情表現です

心の成長に欠かせないものです

付き合うのは大変です

でもこの1年半ぐらいしっかり付き合うと

後が非常に楽な子育てになります

付き合わないと多分ずっと怒れる子育てになりますよ

今一番大事な時期だと思い

しっかり付き合いましょう

なぜダダコネが起こるのか

ダダコネにはどの様に対応したら良いのか

しっかり学んでもらいます

そうすることで親子関係も良くなり

後伸びる子に変わっていきます

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

本当はお母さんの心が苦しんでいるのに気がつかない

勉強会していて、時々不思議に思うことがある。

勉強会をすると、みなさん熱心で

お子さんのため、勉強をしていく。

一生懸命お子さんに付き合おうと頑張る

でも、泣いているお子さん

怒っているお子さん(ダダコネしているお子さん)

を見ていると

おこれてくる、イライラしてくる

実は、違うよね

お母さんの心が、子どものころを思い出し

苦しくなってくる

我慢していた自分

寂しかった自分

がよみがえってくる

心が苦しくなってくる

そうすると、泣いているお子さんを見ていると

おこれてくる、イライラしてくる

今まで、蓋をして

思い出さないようにしていた

気持ちが、あふれてくる

もっと、お母さんに甘えたかったね

よく我慢したね

もっと、ダダコネしたかったね

よく頑張ったね

自分の子どものころの写真

見ながら、ほめてみてください

もしかしたら

一か月ぐらい苦しいかも

でも、みんなそれを乗り越えて

お子さんと向き合えるようになっているよ

そうすると

お子さん、見違えるように

元気になるよ

お母さんも分かっているよね

頭では、しっかり理解している

お母さんも、頑張ろうとしている

でも、結局変わらない

どうも、いい子育てをしようとすると

お母さんが、苦しくなるようだ

自分もこうしてほしかった

が勝ってしまって

うまくいかない

なんとなく、やり方が分からない

やりたくない

少し突っ込んで聞いてみると

子どものころのことを思い出している人

子ども頃のことを、思い出したくもない人

なんとなくもやもやしている人

色々だけれど

どうも、子ども頃に

寂しい思い

苦しい思い

大変な思い

お父さんお母さんも頑張っているの

分かっていたから

お父さんお母さんのこと

大好きだったから

頑張ってしまった思い

心に蓋をしてしまった思い

それが、邪魔をしているお母さんが

増えている

頑張り癖がついているから

また頑張って

疲れている

一回吐き出せないかな

小さかった頃の思い

素直に出せないかな

勉強会で言ってくれても

聴くだけならできるよ

一回吐き出すと

世界が変わるかも

子育てが

もっと楽しくなるかも

一度試してください

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

おかげさまで通室年数が伸びています

多分幼児教室としては

通室年数が非常に長いお教室だと思います

今まで最長は17年半です

普通に10年ぐらいは通ってきていただいています

転勤がなければもっと長いと思います

なぜ通室年数が長いかというと

多分

幼児期の母親指導だと思います

入室されて

1か月~3か月で

お子さんとの付き合い方

特にダダコネの付き合い方

引っ張り方

自我の出し方

自尊心の尊重のしかた

愛されている自信の付け方

自我を使った

自制心の導き方

自制心を使った躾等

しっかり学んでもらいます

そうすると

お子さんが見違えるように元気になります

落ち着いたお子さんになります

レッスンの集中力が上がります

したがって吸収力が上がります

そんなお子さんが

小学生に上がれば

おのずと伸びてきます

伸び初めには個人差がありますが

4年生ぐらいになると

大体のお子さんは伸びてきます

ごく一部母親指導を理解できない方がいるので

まだ100%とは行きませんが

お母さんのトラウマが強い方は

大変なようです

なるべくそんな方は

勉強会を増やして対応しています

そうすることによって

通室年数が長くなっていると思います

しっかり勉強会をしますので安心してきて下さい

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

安心したいお母さんと期待に応えたいお子さん

子どもたちを見ていると、時々不思議に思うことがある。

特に幼児期お子さんに

見られることだけど

みんなの前でいい子しているお子さん

できるを見せてくれるお子さん

お母さんは、安心させるため頑張っている

余裕のある子は頑張って

期待に応えてくれる

周りの、お子さんを見ていると

頑張っていい子できている子と

もう頑張りすぎてできない子がいる

当然、2通りいる

成長の早い子

遅い子の違いもあるけど

大きいのは

家で、何でも言えるお子さん

愛されている自信があるお子さんと

家でも、頑張っているお子さんの違い

いい子して、愛されようとしているお子さん

その違いが大きいと思う

原因は、いろいろあるけれど

お子さんは、共通して

頑張っている

ただ、何に頑張っているか

お母さんには分かりにくいようだけど

お母さんに褒めてもらうため

お母さんに愛してもらうため

愛されている自信がある子は

ちゃんと、愚痴が言えているから

頑張れる

もっと、そのままのお子さんを

見守って

自由にしてあげて

ダダコネに共感して付き合って

好奇心を褒めて

やる気を褒めて

心が元気になれば

期待に応えてくれる

期待に応えられる

状態にしてあげるのは

親の、愛情を伝える事

意外にお子さには伝わっていないことが多い

ついつい注意が多くなってしまう

つい怒っ言うことを聞かせようとしてしまう

もっとお子さんの気持ちに寄り添って

共感しながら導いてあげれば

頑張れる子になるのにと思う

親の、いい子育ての

結果は、後でついてくる

先に、結果を求めるから

悪循環に、入っていく

そんな風に見えてくる

ありのままを

受け入れられたら

きっと楽になるのに

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

させる子育てではなく、自分でする子を育てる子育て

何回説明しても

勉強をさせよう、いい子をさせようとする方がいます

子供の心に、共感して上手に褒めて、しっかりダダコネに付き合うと

心が元気になれば自然にするものです

説明してすぐに

でも勉強しませんでした

とおっしゃる方がいます

もうその質問が出たら

絶対勉強する子にはなりません

いい子のふりをする

勉強しているふりをする子になります

そんな簡単に愛情は伝わりません

愛されている自信がつくまでには時間がかかります

お子さんは、お母さんの行動をよく見ています

勉強させたいんだとよくわかっています

させられる勉強になっています

いい子育ては

先ずは、愛情を素直に受け取ってもらう

そして愛されている自信をつけてあげる

いい親子関係ができます

好奇心が旺盛で

自我を発揮してくれ

自我で自分の心をコントロールしてくれて

そこで自尊心を尊重した接し方をし

お子さんの気持ちに沿って

分かってあげたうえで

正しい道導く

気をつけなければいけないのは

気持ちを分かると

なんでもやらせるは違うという事です

ダメなものはダメと教える、やりたい気持ちをわかってあげながら

ダメなものはダメと教える必要があります

そうすると

いい悪いを自分で判断して

いい行動を自然にできるようになります

勉強は好奇心の延長なので

自然に当たり前のように

興味を持てばやります

興味を持たせるためには

沢山見せることです

いろんな経験をさせる事です

やらせることではありません

後忘れがちなのが

ダダコネの正しい付き合い方です

正しく付き合ってあげると

落ち着きのある子になります

自然に吸収力がいい子になります

最近言葉が出るのが遅いと悩んでいる方が多いのですが

殆どが正しダダコネの付き合い方を指導すると

解決します

もともと先天性の何かを持っていなければ

ほとんどが、

ダダコネの付き合い方が悪く

いっぱいいっぱいの

余裕のない子になっています

早いお子さんで

1か月

遅くても半年くらいで結果は出てきます

間違い方や

間違っていた期間で変わります

そんな勉強会をしています

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

ダダコネとしつけ

1歳半くらいから、結構困りだす

「ダダコネ」と「わがまま」と「しつけ」が

混乱してしまうようです

一つの要因で

まずなかれるのがいやだと感じている方が多い

自分が厳しく育っていると

ダダコネされると

お母さん自身の心が

反応して、苦しくなるようです

だから、ダダコネはいけないんだ

と思いたい

でもダダコネは

お子さんの、心の

自己治癒力

これを奪ってしまうと

苦しく頑張りすぎな子ができてしまうので

頑張りのきかない子が育ってしまう

レッスンを見ていても

ダダコネができている子と

できていない子が良く分かる

ダダこのに付き合ってもらえてるか

比較的落ち着いている

お母さんが自然に付き合っているのだと思います

ダダコネに付き合ってもらってない子は

きっかけを狙ってダダコネを始めるか

苦しくて、いたずらをしだす

心が落ち着かなくなっているので動くしかない

やはり、うまくダダコネに付き合う必要がある

ダダコネは、共感だけして

抱っこしてあげればいいので

「いやだねいやだねでもできないよ」

でいいので、しつけもしっかりできる

わががにもならない

ダダコネを受け入れないお母さんは

結構お子さんのいいなり

気をそらしたり

物で釣ったり

ダダコネはできないし

怒れば何でもしてくれる

怒ればなんでもくれるでは

当然わがままになるよね

もう一度

お母さんが苦しくなったら

自分の小さい頃を思い出し

「よくがんばったね」

とほめてあげてください

頑張った自分を、ほめてあげてください

時々

私はしてもらってないのに

何でこの子はしてもらえるの

と怒りの感情がわいてくる方もいます

その心と向き合って

ほめてみてください

苦しいかもしれませんが

素直に

お子さんのダダコネと向き合うことができます

先日、講演会で言っていたように

自分の心を、良かった事で満たして寝れば

また次の日頑張れます

自分の心が落ち着いてくれば

お子さんのダダコネにも

自然に付き合えます

一度試してください

この子はこんなに感情が出せて、心が育ってきたわ

と喜んでください

お教室では

お母さんと一緒に乗り越える

お勉強会もしています

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

「イヤイヤ」には色々な意味が隠されている

 

「勉強を嫌がるんですけど」

質問される事が時々あります

まずは

「気持ちを共感しないとね」

答えて見ます

すると

「共感するとじゃ今日はやめよというんです」

と言われます

それは、共感じゃなくて

『言い分聞いてやるから勉強しろよ』

になっているからだよね

本当のお子さんの気持ちは

イヤイヤの奥にある

「今日こんな事があっていやだったよ、勉強どころじゃないよ」

だったり

「お母さん何にも分かってくれないから寂しいよう」

だったりしているんだよね

共感は本当のお子さんの気持ちを

慰めるためにやっていることだけど

本当がなかなかわからないから

今言っている言葉を共感する

確実なのは、お子さんは色々頑張っています

お母さんの期待に応えようと

だから「いつも頑張って偉いね」

「いつも頑張ってくれたありがと」

と声をかけるとほとんどのお子さんは頷く

もう少ししっかり付き合わなければ

本当の気持ちはわからないよ

「これだけ付き合ったんだから

もういい加減にやることやっていよ

お母さんだって忙しいんだから」

それが、お子さんいはすごく良く分かるんだよね

それでは余計に意固地になるだけだよね

しっかりお子さんの心に寄り添えば

お子さんの心は元気になって

当たり前のように勉強もするし

頑張れるんだけどな

そうなれないのは

お母さんの目的が自分の思い通りに動かすことだから

お子さんの心に沿うことじゃなくなっているから

すれ違いが起きて

心のさぐりあい

そんな状態になっているんだよね

それがお母さんが気づかないから

最後怒って終わって

お子さんは「僕の(私の)気持ちわかって」になっています

そんな親子になると

何やってもうまくいきませんよ

もっとお子さんの本当の心に沿いましょう

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

お子さんが本当の姿に戻る

今まで、いろんなお子さんを見て来て、

中学生、高校生の伸びに関わるのが

何と

1.5才から3才の駄々コネの

乗り切り方

大切な、自己治癒力

心の自己治癒力

頑張りすぎて

お母さんに、愛してもらいたく

疲れた心を

元に戻すためにする

イヤイヤ・カンシャク・ダダコネ

それにやさしく

共感して付き合う

いい悪いに関係なく

お子さんの、気持ちを共感する

そうすることで

お子さんは、ママに分かってもらえた

安心感で
悪態をついて

暴れて

大泣きして

元の自分に戻っていく

そこに、親子の信頼関係が

出来上がっていく

お子さんは

お母さんに愛されていたい

分かってもらいたい

それを願っている

だから共感して

付き合ってもらうだけで

ただそれだけで

元の自分に戻れる

本当の素直な自分

ゆっくり付きあってあげましょう

お母さんに取って

大仕事かもしれない

だけど

3歳4歳と

だんだん楽になっていく

信頼しあった関係になった子は

小学校4年生ぐらいから

勝手に伸びていく

だから、将来のための

投資だと思って

付き合ってください

勉強会は、個別でひらています。

お子さんの性格、お母さんの性格一人一人違うものです

だからやり方も変わってきます

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757