伸びている子の特徴は

P7-0111

長い間お教室をやっていると
いろんなことが見えてくる
すごく伸びているお子さん
あまり伸びていないお子さん

勉強から逃げているお子さん

小学生ぐらいから

差が出てくる

もちろん

成長の差

性格の差はあると思う

伸びているお子さん

一つは
0歳1歳から通ってきているため

お勉強が、遊びの一環になっている
二つ目は

お母さんが、

楽しく

自然に

情報をインプットしたから

好奇心が旺盛になっている

お教室の宿題も

コンスタントにやっているが

無理させずに

インプット主体で

あまりアウトプットを

要求しないお母さん

そんなお子さんは

お勉強を自分の好奇心を

満足させるために

やっています
逆に

お母さんが、怒って勉強させた子は
できるできないにこだわり
できる振り

分かっている振り

できた時は

できたアピール

できないときは

人のを写す

それでは伸びませんよね
子どもたちを観察していると

だんだん見えてきた

今は、その辺の勉強会を

徹底することで

大分減ったと思う

入室が、大きくなってからだと

なかなか修正がきかない

やっぱり入室年齢が

早い方が

うまくいっているよな気がする

三つめは

お子さんに愛情をかけるのがうまい

お母さん

これは、お母さんの経験

お母さんの性格で決まってしまう

そのため
結構、細かく

勉強会で、

性格別の対応を

指導しました
理想的には
4年生ぐらいから伸びだし

どっちかと言うと

それまで、できるできないは

分からない

こだわらない
6年生ぐらいで本人が、

出来るかもと気づきだした

そんな子は

中学生になっても
他のお稽古や、部活を頑張っています。
合間の時間をうまく使って
自分のペースで勉強しているようです

 

そんな勉強会をしています

 

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です