お母さんが、お子さんを信頼して待ちの子育てで伸ばす

12_1

 

やはり、
6歳ぐらいまでの子育ては

いかに、お子さんを信頼して

待てるかだと思います。

3歳ぐらいまでに、

お母さんに愛されている自身を付け

自我を思いっき出して

自分で考え

自分で判断して

自分の心をコントロールできる子は

好奇心にあふれ

チャレンジ精神あふれ

見た目には、危なっかしく見えたり

何を考えてるんだろうと思えたり

ついつい注意したくなったり

怒ったりしたくなりがちです

それを、見守って

危険なら「危ないよ」と言って止めて

よくないなと思ったら

「今のはいい事かな」と一声かけて

後は、お子さんいに任せる

見守る

お母さんにできることは

幼稚園でつかれたお子さんを

「よく頑張ったね」と褒めて

一緒に遊んであげて

たくさん抱きしめてあげて

たくさん本を読んであげて

たくさんお話してあげて

また明日頑張って幼稚園にいける

エネルギーの補充

意外と、「どうせ遊んでいるだけでしょ」

と思っている方も多いけど

なかなか小さい社会だけど

ちゃんと人間関係があって

我慢があって

ぶつかり合いがって

ちゃんと、社会勉強してますよ

お父さんお母さんが会社で疲れてくるように

お子さんも結構疲れてきてますよ

お子さんの性格にもよりますが

多かれ少なかれ、頑張っています

「しなさい」じゃなくて

「してくれるかな」で

「良くやってくえれたねお母さん助かったよ」

だったり、

「やめなさい」じゃんくて

「それかっこ悪いな」

「こうした方がかっこいいよ」

だったり

そんな言い方で後は

どうするか、どう考えるかは

お子さんいまかせて

じっと見守る

そうすると意外と

何でもできる

人間力にあふれた子に育つよ

成長の早い子だと

ちょっとテレが入って

なかなか動かない

観察型の子もいるけれど

じっとも守ると

ちゃんとできる子になるよ

なかなか理解まで時間がかかると思うけど

お教室一緒に頑張りましょう

個別での勉強会やメールやメッセンジャーでの

質問もお答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です