幼児期のインプットは大事だけど、やらせる勉強は伸びない子に

いつも感じるのは

インプットしていくと

お子さんの脳は成長していく

そんな姿を見ていると

できるを見たいお母さんや

できるを見せたいお教室が増えてくる

せっかく非認知スキルを育てる時に

認知スキルを育てようとし始める

認知スキルを育てないと

できるお子さんに見えない

いつのまにか右脳教育が

左脳教育に変わっている

小学生以降ならいいけれで

幼児でしてしまうと

その時はできる子になったように見える

だけど小学3年生で終わってしまう

よく移動してきた生徒が

なんでもできるように見えるお子さんがいるけど

小学生になると

自分で考えられない

覚えられない

お母さんと話をしてみると

前の教室で

先生にプレッシャーをかけられて

出来るを追求して

怒ってでもやらせる

そんなことをしていたようだ

幼児期はインプットを豊富にして

アウトプットその子のペースで

それより心を育てる

愛情をうまく伝えることの方が大切

そうすると

小学4年生ぐらいで出揃ってくる

それからは右脳の能力を使った勉強

見て覚える

聞いて覚える

一回聞いて理解する

そんなお子さんになっていく

今年も3年生までゆっくりのんびりしていたお子さんが

4年生から少しづつ伸びていいたお子さん

しっかり北高に受かっている

やらされてきて3年生までできていた子の方が

ダメだったりする

やっぱり幼児期は非認知スキル伸ばして

小学生ぐらいから認知スキルを伸ばした方が

あと伸びていく

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です