待ちの子育ての勧め

はまぞう5

なぜお子さんを待ってあげられないか
それは、いつも感じるのは、お母さんが何かと忙しい

でもよく見ていると

忙しんじゃなくて、

忙しくしている

お母さんの方が

イライラが多いんだと思える

自分の心を落ち着かすために

忙しくしてるのかなと思えてくる

人は、忙しくしている

心のイライラを忘れることができる

お子さんが、落ち着きがない

いたずらばっか

と思ったことありませんか

きっとお子さんにも

イライラすることが心に

ためっているんじゃないですか

だったらお母さんはどうしてほしいですか

寄り添って愚痴を聞いてほしくありませんか

きっとお子さんも同じじゃないですか

だったらきっと寄り添って

愚痴を聞く

ダダコネに付き合う

遊びに付き合う

が必要な時じゃないですか

お子さんの心が落ち着いているときは

事情を説明して

少し待つと

自分で考え

自分で判断して

したがってくれます

ただ、まだそこまで行くのに

5分ぐらいかかりますが

その少しの時間待つことが

お子さんを成長させます

お勉強も同じです

イライラしてお勉強が手につかないとき

思いっきり遊ぶことを進めています

そして後ほっておくと

いつの間にか

勉強を始めている子が多いです

お子さんのイライラに

しっかり付き合って

後は待つ

お子さんを信じて

うまくいかないときは

まだ寄り添い方が足りない

と思ってください

また明日たくさん遊ぶぞです

そんな勉強会をしています

幼児教育(特に右脳)に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です