1年前の記事を読んでいてやっぱりわかってない方多いなと思う

こんな事書いていました

雑誌を呼んでいたら、

最近の教育の研究について

書かれていた

幼児期の所を読んでみると

大体、私が長年やってきた

感覚(経験)と似ている

まず面白い記事では

自分の子育て体験の本は

役に立たないということ

お子さんによって

遺伝も環境も性格も違うから

母集団が小さすぎて

参考にならない

その通りだと思う

いつも、お母さんの性格、生活の中の

お子さんとの接し方

お子さんの様子、性格を

踏まえて、お母さんと話ながら

勉強会を進めている

100人いれば100通りの

子育てがあっていい

次に幼児期にIQにこだわっても意味がない

8歳ぐらいで差がなくなるという結果

要は、左脳に偏っても意味がないという事

幼児期は、下準備の時期だと思う

いかに楽しく勉強をするか

いかに好奇心を旺盛にするか

いかに興味を持たせられるか

だからこの時期は結果を求めず

楽しくやるのがいい

たくさんの情報を与えることで

好奇心がわいてくる

お子さんの質問に苦慮している方もいるが

一緒に調べる時間が大事

それが左脳の伸び出す

6歳以降に影響が出てくる

お子さんが興味が出てやっているのはいいが

やれされてきている子は

小学校で伸びない

どちらかというと

勉強から逃げようとする

次に8歳から10歳でIQが決まってくる

そこには幼少期の環境と

親の関わり方が大事ということ

6歳前にIQを伸ばしても意味がないという事

その通りだと思う

4年生ぐらいまでに

大体でそろってくる

5年生ぐらいから自分でいろいろやるようになる

4年生ぐらいまで

勉強に親がかかわるべきで

褒めながら

一緒に考えながら

楽しみながらが大事だと思う

今の勉強会のやり方で

おおよそいいのかな

そんな感じだった

でも、同じ記事でも

読む人によって

とらえ方が違うんだろうなとは思う

大体自分との共通点を探しながら

読んでしまうものだから

もっと客観的にとらえて

こちらも勉強していかねばと

思ってしまう

お子さんたちの将来のために

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です