無条件の愛情がなかなか難しい

2014七田チャイルドアカデミー0017

お子さんがだんだん大きくなると

出来てあたりまえ

出来ないわけないでしょ

もっと出来るでしょ

そんな気持ちになってくる

もう十分育っていると思えてくる

でもお子さんは

こんなにがんっばったよ

何でほめてくれないの

完全にできないといけないの

だんだんやる気がなくなっていく

どうせ頑張ったってほめてくれないものね

頑張ってるのに

もっと速くしなさいといわれちゃう

だんだん、愛情が条件付きの愛情になっていく

もちろんお子さんのためを思って

いい子にしたい、出来る子になってもらいたい

ちょっとおかしいよね

それってもしかして

いいお母さんはさせることによって「

「お母さんを安心させて」

から来ていない

お母さんができることは

愛情をいっぱい注いで

いっぱい発散させて

ダメねものはダメだと教えて

ちょっとの頑張りを褒めて

いっぱい愚痴を共感してあげて

いっぱい情報をあげて

そんなことだとお思うけど

こうやっていい子になりなさいになっている

しっかり勉強してできる子になりなさいになっている

お子さんにとってお母さんの命令に聞こえてくる

自然に成長するのに

不自然に自分の望む形にしようとしている

ついついそうなっているような気がする

自分で、お子さんに何がしてあげられるか

それを考えるしかないのに

子どもをどうするかになっている

一回お子さんとの付き合い方

考え直してみよう

お母さんが変われば

お子さんはかわる

お母さんが変わらなければ

いくら口で言い聞かせても

お子さんは変わらない

お子さんは結構冷静にお母さんを見ているよ

何か気になったら

ちょっと接し方変えてみよう

そんな勉強会しています

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です