幼児教育と先取り学習の違い

P9-3_001

0歳から高3まで見ていて、最長17年通ってきたいるお子さんもいます

だからいろいろ見えてくる

幼児期の大切さ

0歳から3歳ぐらいは

とにかく、愛されている自信をあげる

そうすると、

どこで、誰に何を言われても

ちょっとやそっとで、崩れることはない

だって僕には、大好きなお母さんがついいてるもん

その上に、大量なインプット

なんとなく、耳から聞こえてくる情報

いつの間にか知っている情報

やれされたのではない情報

お子さんの、吸収力はすごい

この時期、何もしないのはもったいない

何も知らなけれべ

興味も持ちようがない

好奇心も発揮できない

いたずらも

遊びも

すべてが

知識になる

お母さんが、いい環境を

あげれば

それが、それがすべて

お子さんの力になる

でも、それが目で見えるのは

小学5年生以降でいいと思う

目に見えるということは

認知スキルが、伸びているということなので
要は先取り学習をしているだけになって
小学校3年で終わってしまう

それに非認知スキルが育ちにくなる

ここに、伸ばすコツがあると思う

だけど、最近気になることがある

当然やればできるようになる

できるを見たくなる

何でもできるように教え込む

でもできるのが見えるのは

認知スキルを育てた証拠で

先取り学習になってますよ言いたくなる

幼児教育のいいところは

非認知スキルを育てているところ

当然何でもできちゃう子と

表向き何もできない子がいる

これは、認知スキルの伸びの個人差で

成長の個人差です

小学1年の時に

幼児期にあまりを認知スキル鍛えないようにしているので

算数なんか

瞬時に応えは出るけど

式が立たない

立てる必要がないから

問題を読むと答えが頭に浮かぶから

あたりまえだから

それを、だんだん

式の立て方を覚える

論理的に解く解き方を覚える

そんな子は

小学校の4年生、5年生位ぐらいから

急激に伸びる

学校で聞いたこと見たこと

一瞬で覚えてしまうから

理解してしまうから

これは、脳全体がうまく連動したとき

だから、幼児期は

インプット中心

アウトプットは適度に

そうすると記憶力、処理速度が身につく

やはり非認知スキルが大事なのは

感性を磨くことや好奇心を育てる事

できるできないにこだわらない

自分の興味や好奇心が大事で

相手の感じていることを

分かってあげるのも大事になる

そんな子を育てていきたい

だから、生徒の多くは

自分が、勉強ができることに気づかない

だって当たり前だから

ある生徒さんは

5年生になった時

お友達が100点を取れなくなってきた

それが不思議でたまらない

だからお友達に聞いた

「何でわからないの?授業聞けば分かるよね

覚えちゃうよね」

お友達に

「お前の頭はコンピューターか?」

と言われて初めて違うと気が付いた

中学生になって

定期テスト始めてやって

1回目は簡単だしみんな頑張るので

それなりの成績、

小学校と同じで授業聞くだけでは

教科書全部授業でやってくれないことに

気づくと、少し家で勉強するようになる

すると、すっと5番ぐらいになる

そこで初めて私はできるのかな

と気づく子もいる

だから小学生には

勉強よりも考えることを

優先させています

そして脳のバランスをとる

お教室はあくまで基礎能力を身につけるところ

自分のしたい勉強を

自分の興味を持ったことに

打ち込めるように

そうなってほしいと

いつも思っています。

親子関係がうまくいっていれば

お友達や先生から

いい事も

悪いことも

覚えてくる

悪いことを

知ることも大事で

経験することも大事で

それが悪いことだと

判断できる子にすればいい

何もしない子に

分かってもらうことはできないから


あるご父兄は

もう私たちでは何も教えることができないから

よろしくお願いしますいわれ

今も中学生で元気に来てくれています

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です