いい子に見えるように頑張ってることに気付いていない方多いな

P15-1543

年長や小学生でいい子に見えるのはいいけど

 

2歳ぐらいで、どこでもいい子なんてありえないよね

 

でもそんな姿のお子さんに

 

あこがれを持ってしまうお母さんって

 

結構多いね

 

外でいい子はまだいいけど

 

外でも家でもいい子は

 

考えられない

 

好奇心一杯な年齢で

 

いい子なんかしてられない

 

それは好奇心を奪ってしまって

 

お母さんに嫌われないだけ頑張る

 

いい子演じるもの思っている子

 

10年後20年後が見えてないなと思えてしまう

 

昔危ないなと思って

 

毎週のように指導していたお母さんがいた

 

でも自分も厳しくされたから

 

今があるといって聞き耳を待たない

 

大体6歳位までの記憶って

 

潜在脳に入ってしまうから

 

あやふやにしか覚えていない

 

小学生くらいで厳しかったのを勘違いするんだよね

 

小学生くらいなら

 

理性も育って

 

いい悪いも分かっているから

 

厳しいことも正しく考えられるから

 

あまり問題は出ない

 

逆に幼児期に厳しくすると

 

小学生くらいで激しく反発にあい

 

かえって何も意見もしつけも出来なくて

 

ただのわがままになってしまう

 

そんなケースは多いよね

 

まだ反発してくれればいいけど

 

ただの無気力な人間になってしまうのはもっと困る

 

前出のお母さんのお子さんも

 

小学生で、お母さんや先生の前はいい子

 

実は陰ですごいいじめっ子だった

 

親が怖いから友達にうっぷん晴らししていたんだよね

 

幼児期はやはり

 

非認知能力を育てる時

 

好奇心を育て

 

自尊心を育て

 

自我を育て

 

自我で自己コントロールを覚え

 

発散を覚え

 

心の成長をしていくときなのに

 

それが自分の目標を見つけ

 

目標の為に社会の為に

 

頑張れる子の基本になるのに

 

もっと自由にして

 

見守って

 

正しく導くそんな子育てを広めたい

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です