お子さんの本音が見えてないな、お子さんは愛してもらうために頑張ってますよ

P120924

 

意外と、お子さんの言葉鵜呑みにしているご両親が多いことに驚きます

 

お子さんは、お父さんお母さんに

 

大好きでいてもらうのに頑張っています

 

泣かれるのが嫌いなご両親だと

 

一生懸命泣かないように頑張ります

 

それでも泣けると

 

全然違う所に原因を持っていきます

 

それを真に受けるご両親が多いのには驚きます

 

それはご両親が怖いだけですよ

 

無条件で愛されている自信がある子は

 

はっきり言います

 

でも泣くと一生懸命泣き止ませようと頑張って

 

イライラしだすご両親を見たら言えないですよね

 

嫌われたら生きていけませんから

 

昔泣いている子を抱っこしてあげたら

 

「お母さんなんか大っ嫌い」

 

と叫びながら泣いていたのに

 

お母さんと目があったとたんびっくりして

 

「お母さん大好き」

 

と言い直した3歳のお子さんがいました

 

特に3歳までのお子さんは

 

意思疎通や感情表現やストレスの発散

 

すべてを泣くことで行っています

 

しっかっ付き合っていくと

 

泣き方で何を訴えているのかが分かるものです

 

今のご両親の多くは泣く事=かわいそう と

 

おっしゃる方が多いですが

 

私には、「イライラするからやめて」

 

に聞こえます

 

多分親御さんの心がうずいてトラウマが出てきて

 

苦しくなっているのだと思います

 

お子さんから

 

素直感情表現を奪うのは危険です

 

何も言えない何もできない子になるか

 

切れやすい子になるか

 

どっちかの傾向が出てきます

 

もっとお子さんの心に寄り添ってみてください

 

素直な感情が出てきて

 

始めはいい子50%悪い子50%ぐらいから始まって

 

年中年長と成長していくと

 

いい子80%悪い子20%と自己コントローできる子になります

 

それが脳の発育の基本なので

 

そうなったお子さんの

 

吸収力は素晴らしいです

 

週1回のレッスンでもどんどん吸収していきます

 

お父さんやお母さんの会話でどんどん吸収していきます

 

そんな勉強会しています

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です