なぜダダコネはおきるのか

2014七田チャイルドアカデミー0046

勉強会していて、時々不思議に思うことがある。

意外と、お子さんがお母さんのために

頑張っていること

我慢していること

普通は

ダダコネねで

泣いて暴れるのに

我慢しすぎて

パンクしている子が

結構いる

でも、ちょっとしたきっかけで

はぜるので

お母さんは、

何でこんなことで

と思うようだ

あまり理由がなくて

ちょっとしたときの方が

限界を越えて自分できっかけを作っているとき

そんな時ほど

お母さん助けてのサイン
だから

やさしく、抱きしめ

いつもがんばって、

偉いねといってみてほしい

ほとんどのの子が

うなずいいて

大泣きする

それに根気よく

その怒りと付き合って

頑張ってきたたこと

ほめて、30分ぐらい

それを、繰り返すと

お子さんが少しずつ変わってくる

だんだん大きくなると
お母さんはもう大きくなったから
そんな感覚になるから

要求ばっかりで

遊ばなくなる

もうでできるでしょ

もういい加減にできてよ、かな

もちろんできるよ

元気なら

でも、幼稚園も何かと気を使って大変

家でも、ママのご機嫌うかがって大変

もう頑張れないよ

のサイン出していたのに

お母さん気づいてくれなかった

友達と遊ぶのもいいけど

でも、気も使って大変

気をつかわず、思いっきり

ママとも遊びたい

頑張っているご褒美に

1日30分でも

遊んであげたら

お子さんのペースで

きっとご機嫌で

何でもできるよ

一度やってみてください

勉強会は、個別でひらています

 

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

 

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です