よくある気持ちを分かるを、自分の思い通りに誘導するため使う方

P7-0279

時々見かけます

 

自分の思い道理に動かすために褒める方

 

やって欲しい事が出来たときだけ褒める方

 

本当はうまくいってないのに、やって欲しいことをできたように褒める方

 

それって、お子さん分かっていますよ

 

そんなお子さ程反抗的になります

 

お母さんはこんなにほめているのにと思い

 

次に、甘やかしたり物で釣ったり

 

結局わがままになっています

 

無条件でお子さんが興味を持った事

 

やろうとした事

 

頑張ったこと

 

結果じゃなくてその気持ちをほめる事

 

それが、お子さんの気持ちを理解する事

 

気持ちに寄り添うことなんだけど

 

どうも、お母さんの望みをかなえるための

 

褒め言葉になっていませんか

 

しっかりお子さんに寄り添って

 

気持ちを理解して共感していれば

 

素直なやる気のあるお子さんになります

 

昨日も1年ぐらい通ってきているお子さんの

 

親御さんが

 

「信じられないぐらいやる気があるようになったんです」

 

と報告してくれました

 

1年かけてお母さん理解してくれたからです

 

お子さんは正直です

 

なんか歯車が狂っているなと思われる方は

 

多分、お母さんの願望が無意識に出ていると思います

 

ちょっと立ち止まっ振り返ってみてください

 

もちろんお子さんを愛しているからの行動です

 

お子さんの将来のことを考えた行動だと思います

 

でもきっとそれは

 

お子さんの気持ちとすれ違っています

 

やっぱり無条件の愛情でないと

 

なかなか伝わりません

 

お教室はとことん付き合いますよ

 

お母さんが気づくまで

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です