子育てをマニュアル通りキチキチこなす真面目なお母さんが結構いる

842A9933

いろいろ情報が氾濫している時代

 

結構情報に翻弄されて杓子定規に守らなくちゃと思っている方が増えている

 

お母さんも忙しい

 

でもお子さんも元気にいい子に育てたい

 

目標をもつのはいいけど

 

杓子定規にそれを守って子育てしていると

 

どうもお子さんの心まだ気が回らない

 

お子さんの気持ちはどうなんだろう

 

1歳半から3歳ごろのイヤイヤ期

 

ちゃんと自己主張で来ているのだろうか

 

お母さんはしっかり睡眠を取らさなければ

 

成長ホルモンが出ないからと言って

 

何時に起きるから何時までに寝かせなければ

 

それで逆算ですべての予定が決まってくる

 

でも成長ホルモンは

 

寝始めて2時間くらいの間で熟睡が必要

 

幼稚園や保育園で頑張って帰ってきて

 

お母さんにあれやこれやと愚痴を聞いてもらって

 

ダダコネを受け入れてもらってすっきりするから

 

熟睡が出来るのにそれがなくてさあ時間だから寝なさい

 

それでは熟睡できない夜泣きするようでは

 

意味がない

 

どれだけ熟睡できるかの方が大事なのに

 

見た目で分かるのは寝てる時間だから

 

そればかり気にする

 

形を整えるより

 

お子さんの心を元気にする方優先であるべきじゃないかな

 

そうすれば自然と熟睡するのにと思えてしまう

 

お子さんの気持ちに沿いましょうと言うと

 

遊びたいとお子さんが言うとひたすら付き合うお母さんもいる

 

小さいお子さんの集中力は、2分ぐらい

 

一つのものにこだわってずっと遊んでいるのは

 

それがお守りになっていることの方が多い

 

つまり、泣けてしまうから動けない

 

泣いてる姿お母さんに見せられないなのかもしれない

 

お母さんが、お子さんの気持ちに沿うことは

 

喜怒哀楽、つまり一緒に喜ぶ怒ったら共感して付き合う

 

泣いたらやっぱり共感して付き合う

 

楽しんでいるときは一緒に楽しむ

 

それがお子さんの気持ちに沿うことで

 

うまくダダコネができなくて

 

泣くと嫌われるから泣かないようにしようとしている行動に

 

惑わされることが多い

 

言う事を何でも聞くことと、気持ちに沿うことは違うよ

 

共感して「遊びたいね遊びたいのは分かるけどもう変える時間だよ、帰ってくれるかな」

 

出いいのです

 

そうすれば、ダダコネしたければするし

 

元気ならしょうがないなと言って帰ってくれる

 

お母さんが気持ちを理解してあげれば

 

逆に素直にお母さんに付き合ってくれますよ

 

そんな勉強会しています

 

勉強会は個別で開いています

 

メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも

 

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です