やっぱり気になるお子さんの気持ちをごまかす子育て(お母さんの対応をちょっと変えれば)

IMG_0301

体験レッスンやいろんな場所で聞く子育て

 

多くは、お子さんの気持ちをはぐらかして

 

泣かせない、ぐずらせない子育てを

 

している方が多いと感じます

 

お子さんもしっかり感情を持っています

 

むしろ0歳1歳2歳は

 

感情中心の時期だと思います

 

泣くには目的があります

 

ぐずるのには理由があります

 

ただごまかしていると

 

感情を出してはいけない

 

母さん何も分かってくれない

 

と思ってしまい

 

無理に我慢して

 

無理にいい子する

 

そんなお子さんになります

 

だんだん大きくなると

 

子育てが大変になります

 

落ち着きのない子になります

 

何も考えない子になります

 

お母さんの顔色だけうかがう子になります

 

泣くには泣く理由と目的があります

 

抱っこが基本で、ごまかすずに付き合う

 

疲れてしまったのかもしれません

 

眠いのかもしれません

 

お腹がすいたのかもしれません

 

怒っているのかもしれません

 

泣いている子

 

ぐずっている子を抱っこして

 

「大変だよね」

 

「疲れたよね」

 

「ねむよね」

 

「遊んでほしいよね」

 

など声をかけると

 

理由が見えることもあります

 

一日の行動を思い返せば

 

理由が分かることもあります

 

ここをうまく乗り切ると

 

特に(イヤイヤ期を)を

 

うまく乗り切ると

 

楽しい子育てが待っています

 

お教室では

 

お母さんとお話しながら

 

対応の仕方を指導しています

 

状況が分かると大体分かります

 

メールやメッセンジャーで質問してくるお母さんも

 

いらっしゃいます

 

その都度説明しています

 

一人で悩まず

 

お教室一緒に子育てをしてくと

 

いつの間にか楽しい子育てに変わります

 

よくお教室のお母さんに言われます

 

「子育てが楽しくなった」

 

「自分の子がこんなに出来るとは思わなかった」

 

小学生のお母さんが

 

「勉強に対する取り組みが変わった」

 

と驚かれています

 

たまに来るお父さんも

 

わが子のすごさに驚いて帰ります

 

これもお母さんの対応を

 

正しくするだけです

 

どうも、お母さんが楽な方法がうわさで広がっています

 

その時は楽出来ても後で大変になります

 

お子さんにも当然心があります

 

お子さんの気持ちに沿っ子育てをすると

 

愛情が伝わり

 

親子の信頼関係ができ

 

楽しい子育てに変わります

 

その方法を勉強会で学んでもらいます

 

いつの間にか優秀になったお子さん

 

見てみませんか

 

勉強会は個別で行っています

 

メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも

 

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に無料体験レッスン及び教室説明会に
来てください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です