お子さんが伸びてくると、やはりだんだん欲が出ますね

幼児教育をしていて

情報を入れていくと

明らかにお子さんが変わっていく

しっかりしてくるし

色々できる事も増えてくる

そうすると

愛情を伝えることが最優先とお話をして来ていますが

いつのまにか教育ママになって

やらせる勉強になっていく

幼児期は非認知能力が大切で

好奇心が大事で

やる気が大事で

いい事悪い事を覚えることが大事で

心の成長が大事です

それが小学生以降に花咲かせます

それがついついやらせる勉強になって

なんだかすごく出来るように見える

それが実はお子さんの能力を潰している

本当は非認知能力を伸ばすときに

認知能力を伸ばしていることに気づかない

きっと一生懸命子育てしている

お母さんにとって

結果が見えることが安心で

そうなっているんだろうけど

勿体無いですよ

もっとインプット重視で

いい悪いを教えて

好奇心を育てて

やりたい気持ちを大切にして

出来る出来ないにはこだわらない

そんなやり方ができると

後で伸びるお子さんになりますよ

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

時々います、無意識に自分の子供の頃とダブらせている方

勉強会していて、時々不思議に思うことがある。

勉強会をすると、みなさん熱心で

お子さんのため、勉強をしていく。

でも、一週間ぐらいすると

元に戻っている

日常の生活に追われている

と思っているようだけど

どうも最近違うように思える。

頭では、しっかり理解している

お母さんも、頑張ろうとしている

でも、結局変わらない

どうも、共感しながら付き合おうとすると

お母さんが、苦しくなるようだ

自分もこうしてほしかった

が勝ってしまって

うまくいかない

なんとなく、やり方が分からない

やりたくない

少し突っ込んで聞いてみると

子どものころのことを思い出している人

子ども頃のことを、思い出したくもない人

なんとなくもやもやしている人

色々だけれど

どうも、子ども頃に

寂しい思い

苦しい思い

大変な思い

お父さんお母さんも頑張っているの

分かっていたから

お父さんお母さんのこと

大好きだったから

頑張ってしまった思い

心に蓋をしてしまった思い

それが、邪魔をしているお母さんが

増えている

頑張り癖がついているから

また頑張って

疲れている

一回吐き出せないかな

小さかった頃の思い

素直に出せないかな

1週間ぐらい苦しんだ

お母さんもいたけど

そのあと、自然に

お子さんと向き合えてたよ

勉強会で言ってくれても

聴くだけならできるよ

一回吐き出すと

世界が変わるかも

子育てが

もっと楽しくなるかも

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

幼児期に愛されてる自信を

中学生、高校生の伸びに関わる

1番大事なことは

愛されている自信だと思います

愛されている自信を

3歳までに、持たせてあげると

好奇心旺盛な子になります。

何より脳に密度の濃い回路ができていきます

そばに、信頼して見守ってくれる

お母さんがいるから

色々なことに挑戦します

いたずらもします

いたずらも、お子さんにとっては

大切なお勉強

そこで、いい事悪い事も教えられます

転ばぬ先の杖を突きすぎると

何をしていいか分からず

指示待ちの子になります

好奇心の先には、お勉強があります

親子の信頼関係を作り

好奇心旺盛な子にして

あげてください。

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

結構お子さんのダダコネで苦しんでいますね

勉強会していて、時々不思議に思うことがある。

意外と、お子さんがお母さんのために

頑張っていること

我慢していること

分かっていない

それを普通は

ダダコネねで

泣いて暴れて元の自分に戻るのに

自己治癒力が働いてまたいい子になれるのに

頑張りすぎて

我慢しすぎて

パンクしている子が

結構いる

でも、ちょっとしたきっかけで

爆発するので

お母さんは、

何でこんなことで

と思うようだ

あまり理由がなくて

ちょっとした事で爆発するときの方が

限界を越えて自分できっかけを作っているとき

そんな時ほど

お母さん助けてのサイン

なのですだから

やさしく、抱きしめ

いつもがんばって、

偉いねといってみてほしい

ほとんどのの子が

うなずいいて

大泣きする

それに根気よく

その怒りと付き合って

頑張ってきたたこと

ほめて、30分ぐらい

それを、繰り返すと

お子さんが少しずつ変わってくる

だんだん大きくなると

お母さんはもう大きくなったから

そんな感覚になるから

要求ばっかりで

遊ばなくなる

もうでできるでしょ

もういい加減にできてよ、かな

もちろんできるよ

元気なら

でも、幼稚園も何かと気を使って大変

家でも、ママのご機嫌うかがって大変

もう頑張れないよ

のサイン出していたのに

お母さん気づいてくれなかった

友達と遊ぶのもいいけど

でも、気も使って大変

気をつかわず、思いっきり

ママとも遊びたい

頑張っているご褒美に

1日30分でも

遊んであげたら

お子さんのペースで

きっとご機嫌で

何でもできるよ


一度やってみてください

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

可哀想な事に、これだけダダコネの対処法を指導しているのに出来ていない方がいるのが残念です

幼児期のダダコネの対処法を間違えなければ

落ち着いて穏やかなお子さんができるのに

毎年、1名か2名ぐらいのお子さんが

苦しそうに、イライラを我慢しながら座っている

ついついおしゃべりしながらでないと取り組みができない

とても可哀想です

何か、ストレスの発散方法が見つかったお子さんや

重症でないお子さんは、年齢とともにおちついて来ますが

中にはそのまま中学生になるお子さんがいます

やはりあまり伸びません

この幼児期に大切な

ダダコネの重要性の理解と対処法を実践していただきたいものです

お子さんは自分でどうすることもできません

親御さんの対応の仕方次第です

精神的に強いお子さんはなんとなくうまくいくのですが

どうも性格的に苦しんでいるお子さんが多いようですが

本人は原因気づくことはないのです

お子さんにとってお母さんは絶対的な存在で間違いはないと思っています

だから自分でもがいて苦しんでいる子が多いのです

そんなお子さんを一人でもなくそうと思い勉強会を開いています

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

自己主張とダダコネの見極めが難しいようですね

我慢しすぎで落ち着きがなくなっている

そんなお子さんが時々います

お子さんは頑張りたい

でもイライラして落ち着かない

お母さんも子育て一生懸命

そんな時

よくあるケースは

お子さんはダダコネしようと

一生懸命お母さんに色々な要求を出す

お母さんは自己主張だと思って

一生懸命要求に応える

目的はダダコネだから

ダダコネがエスカレートする

すると頑張っていたお母さんが

「いい加減にしなさい」

と怒り出す

またいい子を頑張り出す

またダダコネをしたくなる

そんな悪循環にはまっている方よく見かけます

常識で考えて

そんなに頻繁に要求しないですよ

半分以上はダダコネでしていますよ

共感して出来ないことを説明して共感をしていれば治ります

言うことを聞きすぎると

お母さんの操り方を覚えて

かえってわがままになりますよ

よく説明していますが

これがいざおきると

混乱してしまうようです

目の前で起きれば

その場で指導できるのでわかりやすいようです

関わり方がわかると

落ち着いたお子さんに変わりますよ

お教室と一緒に子育てしていきませんか

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

母親勉強会を個別にしたことで理解していただけるようになった

10年ぐらい前から勉強会を個別にしました

始めは、クラス単位や年齢別にやっていました

やっぱり、問題点などの具体的な話が出てこない

お子さんにしても

お母さんにしても

性格が違うから

問題点も違うし

説明のとらえ方も違う

だから個別にして

お子さんやお母さんに合わせた説明をすると

質問もより具体的になってくる

解決策もより具体的に出来るので

理解も深まる

その結果、転勤以外の方の通室年数が非常に伸びました

当たり前のように

小学生コースに上がってくれて

中には中学生・高校生でも

個別コースに残ってくれるようになっりました

おのずとお子さんの伸びもすごい

小学生でも

もう学校の中で優秀で知れわたるお子さんも

出てきている

全国模試で県で6番になった子も出てきている

中学生もしっかり

公立でも付属でも

上位につけている

一番感じるのは

お子さんのやる気が違う

これもやはり

6歳までの子育て指導

つまりお母さんの努力の成果だと思います

意外と知られていないけど

1歳から3歳のイヤイヤ期の乗り切り方

3歳から6歳の親子関係と

勉強の仕方としつけの仕方

ここをうまくお母さん方と情報共有ができたお子さんは

小学生になってから明らかに違う

結構お教室に入って来たときには

お母さんとお子さんの心がすれ違っている方が多いのに

驚かされます

そのすれ違いを直す事で

無理して頑張っていたお子さんが

伸び伸びしてくる

きっとそのまま行けば

どっかでつまづいてしまったと思います

すれ違いを修正するだけでも

全く違うお子さんになっていくのを見て来ました

そうするとお子さんによって伸びる時期は違っても

4年生ぐらいでみんなでそろってくる

そんなお子さんを目指して

お教室と一緒に子育てしていきませんか

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

有難うございます。やっと生徒数過去最高を更新中です

最近やっと認知していただいてきたのか

浜松西教室・浜松北教室の合計人数が過去最高になりました

毎年卒業生出して、転勤の方を送り出して

その繰り返しだってので、毎年同じような推移をしていたのが

ここに来て、少し認知度が上がって来たのか

特に1歳児クラスが増えているのが嬉しく思います

やはり一番大切な1才から3才の時期を

子育てやお勉強や心の成長のお手伝いができるのが

将来の小学生・中学生・高校生の時期の伸びに繋がっていきます

今いる中学生も、中学校でトップを維持し続ける子や

上位にしっかり入っている子たちが

勉強を頑張ってくれています

それに、穏やかで優しく育っているのが何よりいいな

と思えます。

教えていても、一回で理解できてしまうお子さんたちなので

これからが楽しみです

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

『お子さんのありのままを認める』が一番大切かな

お母さんたちに説明していても難しい

当然お母さんにとっても難しい

どうしても、お母さんは判断基準がほしくなる

子育てがうまくいっているか

うまく育っているか

それが知りたくなる

でも、もうお子さ認めてないよね

当然お子さんも認められていないことに気付く

どうしたら認められるんだろう

どうしたら愛されるんだろう

になっていく

自由な心

自由な好奇心

自由な行動ができなくなる

子育てに基準はないと思うよ

10人いれば

10人の個性がある

みんな一緒なら怖くないは

ただ安心したいだけだよね

ただお子さんのいいところだけ見つけてあげればいい

「元気」

「面白い」

「好奇心旺盛」

「おしゃれが好き」

「スポーツが好き」

何でもいいんだけどな

そんなところを見つけてあげれば

お母さんよく見てくれている

僕を私を認めてくれている

愛情を感じてくれると思うよ

そういうと

今度はお子さんのいいなりになるお母さんが現れる

お子さんを認める、信頼すると

好き勝手させるは違います

やりたい気持ちをわかってあげて

いいものはさせてあげて

ダメなものは、「ダメだよ」と教えてあげて

「でもやりたいね」と付き合ってあげる

いい事悪いことをしっかり教えてあげることは大切

ちゃんと判断できる子にしてあげる

そうするとお子さんは

「お母さん頼りになる」

と尊敬するものだよ

そんな話お子さんに合わせて勉強会でしています

何割伝わっているかは分かりませんが

理解できるまで付き合います

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

良い子にしたいが、良い子に見えるになっている事に気付かない

やはり、勉強会で難しいのは

我が子と他人のお子さんと別になってしまう

勉強会で理解しても

他人のお子さんなら客観的にみてこうした方がいいとわかるのに

途端に自分のお子さんだと

そこに願望が入って主観的になる

こういう子になって欲しいが入ってくる

それは問題ないのだけれど

やり方が変わってくる

お子さんの心を育てて、

自我と自己抑制のバランスをとっていかなければいけないところ

手っ取り早く

こうあって欲しい形を作ろうとしだす

例えば

挨拶をしっかりして欲しい

もちろん大切な事ですよね

途端に

「ちゃんと挨拶しなさい」

「ありがとうは」

「ごめんなさいは」

と事ある事に言い出す

きっとお母さんの前では言えるようになる子はいますよね

でもそれって

本当に大切と思っていますか

多分言っておけばお母さんに怒られないと思っているだけではありませんか

なんで、挨拶をするといいのか教えてあげて

後は、お母さんが手本を見せていくと

早い子は5才6才でちゃんと出来る子になりますよ

お母さんが見ていないところではちゃんとしている子も多いですよ

その辺は、お子さんの性格で変わります

お子さんとお母さんはでは、考え方感じ方結構違いますよ

理由がわかって

自分で考えて

自分で行動できる

そんなしつけの方が

小学生以降いいですよ

口うるさく言って来たお子さんは

お友達には注意するけど自分はしない出来ないお子さんが多いですよ

そんな勉強会を具体的にしています

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757