何回言っても、やはり出来る確認で出来ないお子さんに

どうしても、お子さんに教えていると

お母さんは、成果がほしくなる

それは、お母さんのモチベーションのため

実際には、お子さんの方は

出来ないと嫌われる

がっかりするお母さん見たくない

一生懸命できるふり

分かったふりをする

分かってなくても、オウム返し

出来るを自慢し、出来るをアピールする子になってくる

そんな子が、小学生になると

何も分かってない

何もできない

そんなお子さんを見かけませんか

最近は、うるさいぐらい勉強会で言っているので

少なくなったけど

やっぱり一人ぐらいは出て来ます

力不足を感じて

がっかりしてしまう

幼児期は、

愛情いっぱい

インプットいっぱい

褒めるのいっぱい

出来たことではなく

頑張ったことを褒める

後はじっくり待つ

そんな感じでいいですよ

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

やはり幼児期(0歳から6歳)は大事

0歳から高3まで見ていて、最長17年間指導してきて

いろいろ見えてくる

幼児期の大切さ

0歳から3歳ぐらいは

とにかく、愛されている自信をあげる

そうすると、

どこで、誰に何を言われても

ちょっとやそっとで、崩れることはない

だって僕には、大好きなお母さんがついいてるもん

次に「イヤイヤ期」ダダコネ期」の乗り越え方

ダダコネを上手に引き出し

自我を発揮して

自尊心を育て

お母さんの手助けで

発散を覚える

ここをうまく付き合わないと

心の成長が遅れる

うまく乗り切ると

自分の自我で

自分の心をコントロールする子になる

それが、脳の発育の基本になると思う

その上に、大量な情報

なんとなく、耳から聞こえてくる情報

いつの間にか知っている情報

やれされたのではない情報

お子さんの、吸収力はすごい

この時期、何もしないのはもったいない

何も知らなけれべ

興味も持ちようがない

好奇心も発揮できない

いたずらも

遊びも

すべてが

知識になる

お母さんが、いい環境を

あげれば

それが、それがすべて

お子さんの力になる

でも、それが目で見えるのは

小学4年生以降でいいぐらいで考えるのがちょうどいい

目に見えるということは

認知スキルが伸びているということ

潜在能力が育ちにくいということ

脳の基本は、8歳ぐらいで出来上がるといわれている

本当の伸びが見えるのは、それからになる

だから焦らず、楽しく

一杯情報をもらって

一杯考えて

頭の中の回路を作り上げる

やらされてきた子はどうもうまくいかない

楽しく遊びながらやってきた子は

あたりまえのように勉強し

あたりまえのように覚え

あたりまえのように理解していく

分からない方が不思議と言う子もいる

ここに、伸ばすコツがある

次に、幼稚園の時期

認知スキルが伸び出す時期

ここも焦らず、

たくさんの情報と

考える時間をあげる事が

必要になる

でも一番の邪魔は

出来るかを確認すること

出来る出来ないにこだわらず

頑張ったことを褒めていく

それだけでいい

それにこの時期は

お友達関係を作る時期

親子関係がうまくいっていれば

次はお友達関係を作りだす

お友達から

いい事も

悪いことも

覚えてくる

悪いことを

知ることも大事で

経験することも大事

それが悪いことだと

判断できる子にすればいい

何もしない子に

分かってもらうことはできないから

情報だけあげて

後は自分で考える時間をあげる

ここにも少しコツがある

そんな勉強会しています

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

1年前の記事を読んでいてやっぱりわかってない方多いなと思う

こんな事書いていました

雑誌を呼んでいたら、

最近の教育の研究について

書かれていた

幼児期の所を読んでみると

大体、私が長年やってきた

感覚(経験)と似ている

まず面白い記事では

自分の子育て体験の本は

役に立たないということ

お子さんによって

遺伝も環境も性格も違うから

母集団が小さすぎて

参考にならない

その通りだと思う

いつも、お母さんの性格、生活の中の

お子さんとの接し方

お子さんの様子、性格を

踏まえて、お母さんと話ながら

勉強会を進めている

100人いれば100通りの

子育てがあっていい

次に幼児期にIQにこだわっても意味がない

8歳ぐらいで差がなくなるという結果

要は、左脳に偏っても意味がないという事

幼児期は、下準備の時期だと思う

いかに楽しく勉強をするか

いかに好奇心を旺盛にするか

いかに興味を持たせられるか

だからこの時期は結果を求めず

楽しくやるのがいい

たくさんの情報を与えることで

好奇心がわいてくる

お子さんの質問に苦慮している方もいるが

一緒に調べる時間が大事

それが左脳の伸び出す

6歳以降に影響が出てくる

お子さんが興味が出てやっているのはいいが

やれされてきている子は

小学校で伸びない

どちらかというと

勉強から逃げようとする

次に8歳から10歳でIQが決まってくる

そこには幼少期の環境と

親の関わり方が大事ということ

6歳前にIQを伸ばしても意味がないという事

その通りだと思う

4年生ぐらいまでに

大体でそろってくる

5年生ぐらいから自分でいろいろやるようになる

4年生ぐらいまで

勉強に親がかかわるべきで

褒めながら

一緒に考えながら

楽しみながらが大事だと思う

今の勉強会のやり方で

おおよそいいのかな

そんな感じだった

でも、同じ記事でも

読む人によって

とらえ方が違うんだろうなとは思う

大体自分との共通点を探しながら

読んでしまうものだから

もっと客観的にとらえて

こちらも勉強していかねばと

思ってしまう

お子さんたちの将来のために

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

否定は意固地を肯定は素直を生む

16年以上多くのお子さんを見ていると

いろんな事が分かってくる

それはダメ、

こうしなさい

何でできないの

遅いわね

街でもよく聞く言葉です

聞いてる私も

心がいたくなります

お子さんたちの心も

もっと痛くなっています

どうせ僕なんか

何もできないよ

どうせ僕は

何やっても遅いよ

僕はできなくていいんだ

お子さんの自尊心を傷つける言葉を言うと

自分の心を守るため

反発心が生まれます

初めから

頑固なお子さんはいません

意固地なお子さんもいません

お子さんの防御反応です

ちょっと言葉を変えると

今日少しできたね

今日頑張ったね

きっとできるようになるよ

それはいい事かな?

やっていいのかな?

判断はお子さんに任せます

なぜよくないか

なぜやってはいけないか

一回だけ説明します

でも判断お子さんに任せます

我慢出来たら

よく我慢できたねと褒めます

正しい行動ができたらほめます

外だったら

うまく判断できないとき

やりたいねと共感しながら

その場から離れます

あくまでもお子さんの

自尊心を傷つけないやり方をします

小学校3年生ぐらいになったら

(理性の成長の個人差がありますが)

悪いことはしっかり叱りましょう

お母さんとの信頼関係ができ上っている子は

素直に分かります

反抗期に入っていると

また違いますが

年齢によって

しつけの仕方を変えましょう

一度やってみてください

こんな勉強会よくやっています

勉強会は個別で開いています。

幼児教育(特に右脳)に興味のある方は、

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室の体験レッスン受けに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

待ちの子育てでお子さんを伸ばす(お子さんを信頼するところから)

やはり、

6歳ぐらいまでの子育ては

いかに、お子さんを信頼して

待てるかだと思います。

3歳ぐらいまでに、

お母さんに愛されている自信を付け

自我を思いっきり出して

自分で考え

自分で判断して

自分の心をコントロールできる子は

好奇心にあふれ

チャレンジ精神あふれ

見た目には、危なっかしく見えたり

何を考えてるんだろうと思えたり

ついつい注意したくなったり

怒ったりしたくなりがちです

それを、見守って

危険なら「危ないよ」と言って止めて

よくないなと思ったら

「今のはいい事かな」と一声かけて

後は、お子さんいに任せるか

止める

お母さんにできることは

幼稚園でつかれたお子さんを

「よく頑張ったね」と褒めて

一緒に遊んであげて

たくさん抱きしめてあげて

たくさん本を読んであげて

たくさんお話してあげて

また明日頑張って幼稚園にいける

エネルギーの補充

意外と、「どうせ遊んでいるだけでしょ」

と思っている方も多いけど

なかなか小さい社会だけど

ちゃんと人間関係があって

我慢があって

ぶつかり合いがって

ちゃんと、社会勉強してますよ

お父さんお母さんが会社で疲れてくるように

お子さんも結構疲れてきてますよ

お子さんの性格にもよりますが

多かれ少なかれ、頑張っています

「しなさい」じゃなくて

「してくれるかな」で

「良くやってくえれたねお母さん助かったよ」

だったり、

「やめなさい」じゃんくて

「それかっこ悪いな」

「こうした方がかっこいいよ」

だったり

そんな言い方で後は

どうするか、どう考えるかは

お子さんいまかせて

じっと見守る

そうすると意外と

何でもできる

人間力にあふれた子に育ちます

成長の早い子だと

ちょっとテレが入って

なかなか動かない

観察型の子もいるけれど

じっとも守ると

ちゃんとできる子になるよ

なかなか理解まで時間がかかると思うけど

お教室一緒に頑張りましょう

個別での勉強会やメールやメッセンジャーでの

質問もお答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

 

意外に多いお子さんとどう付き合ったらいいかわからない方

勉強会をしていると

最近気づいたことがある

子育てをしていて

なんとなく違和感を持って

子育てをしている

そんな方が

意外に多い

よく聞くと

子どものころ

お父さんもお母さんも忙しく

遊んだ記憶がない

勉強ばかりに厳しくて

勉強をさせられた記憶しかない

自分は、そんな子育てはいやだ

と思いながら

気が付くと

同じような子育てになっている

負の連鎖ですね

なかなか抜けるのは難しい

頭ではわかっていても

ついついイライラして

口うるさくなっていたり

命令になっていたり

本当は見守るのが大事と

分かっていても

なかなか難しい

一度お子さんの真似して遊んでみたら

きっと、子どものころそうしたかったんじゃないかな

一日、何やるか

黙ってみてみたら

結構面白かも

こうしよう、こうなって欲しいじゃなくて

どうなるのかな

どう成長するのかな

何して欲しいのかな

愛情を伝えるのもうまく分からない

そんな時、抱きしめて

ほめればいいなだよ

いけないことしたら

怒らず止めて

説明を一回して

後は、やりたい気持ちを

共感して

抱っこしてあげればいいんだよ

きっと

愛情伝わるよ

ちょっと試してみて

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

以外に無意識にしてしまっている、小さいお子さんへの命令・否定の子育ては意固地か無気力に

いろんなところで

聞こえてくる

親子の会話

親がお子さんに命令している声が

「○○しなさい」

それとお子さんを否定する言葉

「そんな事も出来ないの」

「ダメな子ね」

意外と多い

多分無意識に出ているんだろうけど

なかなか言う事を

聞いてもらえず

悪戦苦闘

よくある風景じゃないでしょうか

それを依頼形に変えてみたらどうだろう

「○○してくれるかな」

すぐには難しいけど

少し待つと(5分ぐらい)

一生懸命悩んで

しぶしぶ聞いてくれる

何てこともよくある

命令は

気の強い子には

反発心が残ってしまう

優しいお子さんは

何もしない出来ない子になります

やっぱり依頼形で

じっくり付き合うのがいいかな

理由も説明するのもいいかな

説明は簡潔に1回だけ

ひつこいと

叱られている感じになる

否定は自信を奪います

僕は出来ない子なんだ

と暗示をかけているようなもの

それは

少し変えて

「よく頑張ったね、もう少し○○するともっといいよ」

「昨日よりうまくなったね」

そんな言葉に変えると

自信をもったお子さんに変わりますよ

一度やってみてください

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

出来てもいい、出来なくてもいい、大事なのは情報量です

親の気持ちとして当たり前だけど

出来ている姿を見たい

出来ている姿を見ないと不安になる

幼児期は、基礎づくりの時

小学生高学年になれば

しっかり結果が見えてくる

幼児期に結果を見ようとすると

小学校高学年で伸びないおこさになる

そんなお話を勉強会でよくしますが

なかなか理解をしていただくのは難しい

私たちは多くのお子さん

何百人というお子さんを見てきているから

こうだからこうなる

そんなのが見える

最近は、この子はこのまま行くとよくないな

すぐ見えるから

勉強会で修正をしたもらえるようにお話をします

素直に頑張るお母さん

どうしても、今しか見えないお母さん

人間だから当たり前だけど

損していますよ

一番損するのは

お子さんですよ

お子さんをもっと自由にしましょう

幼児期は

好奇心が大事

楽しいが大事

そして豊富な情報が大事

できる出来ないはどうでもいい

そこが理解できると

すごいお子さんになるのにな

結構シンプルなのにな

と思えますが

どうしても

自分の思い通りのお子さんを求めています

そんなお母さん多いな

お母さんに気づいてもらえるよう

指導しています

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

お母さんがお子さんの気持ちが分かって接すれば落ちゆいたお子さんに

落ち着きのないお子さんほど

頑張りすぎな子が多い

落ち着きのないのを

この子の性格と

思いたいお母さんが多い

でも違いますよ

ほとんどが頑張りすぎ

何に頑張っているかというと

お母さんに愛されようと頑張りすぎ

だからその原因がどこから来ているか

勉強会で、確認していく

そこにお母さんが気づき

お母さんが行動を変えられれば

早い子で1週間で落ち着いて

レッスンを受けられる子もいる

なかなか理解できないと

2,3か月かかる子もいる

でも確実に

落ち着いたお子さんになりますよ

お母さんに気づいてもらえるよう

指導しています

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757

やはりレッスンは楽しくないと、力がつきませんよ

0歳でも1歳でも2歳でも当然それ以上でも

ほぼ集中してレッスンを楽しんでいます。

2歳前後で少し好奇心で動きますが

それを過ぎれば、集中して楽しくやっています。

レッスンが集中できないお子さんの多くは

親子関係が良くないことが多いです。

0歳1歳からずっと小学生中学生と見ていくと

いい子をさせたがるお母さんのお子さんは

怒られないことに一生懸命で

うまくダダコネもできず

イライラしているお子さんが多いです

そんなお子さんで気の強いお子さんは、お教室ではお母さんがあまり怒らないので

結構お母さんの顔をうかがいながら悪さします

それを、力で押さえ込もうとするお母さんや

先生だと、小学生以降 力がついていないことが多いですね

幼児から出来る出来ないで、反応するお母さんのお子さんも

危険ですね

一回聞いて、理解して覚えてします能力がついていないお子さんが多いです

原因は、お子さんとのかかわり方なので

個別の勉強会で、家でのかかわり方を勉強してもらいます

時には、一度リセットするために

お子さんとお母さんと話ながら

お子さんとお母さんの信頼関係の

構築のお手伝いもさせてもらっています

それから、お母さんにかかわり方を変えてもらえば

ほぼ、集中して楽しんでレッスンを受けられるようになります

その時に、先生のお子さんとの関わり方が

いいお手本になるので

まねしてもらうようにしています

お教室に会う合わないと判断をされる方もいる様ですが

親子関係の構築からやっていけば

落ち着いたお子さんになります

向き不向きはないと思います

あるとすれば、お母さんが家で実践できないときでしょうか

引っ込み思案のお子さんは

活発になったりします

その辺は、お教室の母親勉強会が

重要になります

お母様方も、知らなければ

何もできないのは当たり前です

だから、お教室の母親勉強会が

重要になります

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

体験希望の方は必ず予約してください

予定が合わない場合は、お電話で相談してください

体験申し込みは下記からもできます

https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd9006c9489823

今、講師を募集しています

幼児教育に興味がある方

(小学生以上のお子さんがいる方、短大以上を卒業している女性の方

1泊2日の研修にいける方、パートで働いていただける方

曜日、時間は相談の上決定していきます。

しっかり練習と研修をした上で講師をしていただきます)

下記より申し込んでください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e39edc4a499757