やっぱり愛情を伝える効力は大きいけど、伝え方に困っている方が多い

2014七田チャイルドアカデミー0023

この頃、結構ブログを読んで体験に来てくれる方が増えている

 

共通しているのは、お子さんとかかわり方に悩んでいる

 

それで一生懸命ブログを読んで体験に来てくれる方が

 

少しずつ増えている

 

もう質問の塊で来ているので

 

説明の入りもすごくいい

 

お母さんの性格もあるので

 

すぐ実行に移せる方と

 

悩み悩みやっている方がいるが

 

お母さんがコツが分かってくると

 

見違えるようにお子さんが変わってくる

 

お母さんたちも、

 

自分のお子さんがみるみる変わるのに驚いている

 

イライラしてしまって何もできなかったお子さんが

 

集中して50分レッスンンを頑張っているのに驚いている

 

うまく愛情が伝われば

 

気持ちが分かってあげられれば

 

発散に付き合ってあげれば

 

当たり前なんだけど

 

しかし最近違うのは

 

しっかりブログで予習をしてきていただいているせいか

 

1月ぐらいで見違えるように変わっていく子が増えている

 

それには私も驚いている

 

やはり愛情をうまく伝える効力

 

気持ちを分かってあげる効力

 

これが絶大な効き目があることがはっきりわかる

 

ただお母さんたちがやり方が分からなかっただけなんだ

 

ということを、改めて実感しています

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

最近面白い現象が、結構小学生の体験レッスンがある

program-img2

最近小学生の体験レッスンに来られる方が

 

ちらほらいらっしゃる

 

理由を聞いてみると

 

お友達が通っているから

 

と言われる

 

どうもお教室の生徒が小学校で目立ってきたようで

 

聞いてこられるようです

 

小学生からだと幼児からいる子の様には

 

ちょっと難しいですよと説明しますが

 

それでもといっては言ってくださる方と

 

それならと言って下のお子さんを入れてくださる方がいる

 

まだまだ知れれていないから

 

幼時の時は知らずに通ってしまったんだと痛感します

 

もう少し知られるように頑張らなくては

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

最近ありがたいことに0歳1歳の入説が増えています。やっと大事な時期という認識が広がったかな

842A9933

ここ3,4ヶ月は、0歳1歳のお子さんが増えてきました

 

大変うれしいことです

 

意外と子育てに追われてすぎてしまいがちな年齢ですが

 

ここからのお子さんの付き合い方を

 

勉強していただくと

 

後が大変スムーズです

 

かかわり方によっては

 

お子さんが嫌われていると勘違いすること多々あります

 

当然お母さん方は一生懸命愛情をもって

 

子育てをしているのですが

 

ついついお子さんの気持ちと逆の行動をとってしまうことがあります

 

たとえば泣いているとき

 

お母さんを呼ぶ泣きなら

 

飛んでいって抱っこすれば済みます

 

でもお出かけで疲れて泣いているとき

 

抱っこしてあやしてしまうと

 

我慢しなさいになります

 

本当はお母さんに抱っこしてもらって

 

心行くまで泣いて元の心に戻りたいだけなのに

 

そんな勘違いが重なると

 

成長が遅れたり

 

言葉が遅れたりすることさえあります

 

言葉が遅れると

 

心の成長が遅れ

 

色々な成長も遅れてきます

 

2歳3歳で体験に来られて

 

少し刺激不足だなと感じるお子さんがいます

 

お母さんんとお話すると

 

大体勘違いされる行動をしているものです

 

0歳1歳から来ていただくと

 

その辺の指導からできるので

 

伸びるお子さんにしやすいのです

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

理想論と方法論の指導の違い

IMG_0375

好奇心がある子が伸びていますとか

 

集中力がある子が伸びてますとか

 

聞いているとそうかそうしなければとその時は思いますが

 

家に帰って冷静になると

 

どうすればいいのとなる

 

そこで自己流が始まる

 

お母さんこんなに頑張っているのに

 

何であなたはと思いだす

 

いつの間にか命令になって

 

形だけ整えようとする

 

時々そんな感じのお子さんが

 

入説に来ます

 

ああかわいそうだな

 

自由がないなと思います

 

まず自由にすることを指導します

 

次に喜怒哀楽の出し方を指導します

 

自我をしっかり出し方を指導します

 

自我を使って自己コントロールするように指導します

 

それだけでも別人のようになります

 

大体のお母さんは自分のお子さんの能力と

 

今までと全く違う性格に驚きます

 

きっと大人もそうだと思うけど

 

自分の感情を上手に出すところが

 

原点だと思います

 

ちょっとしたことなんだけど

 

そのやり方を理解するの難しいようです

 

1か月で変わる子

 

1年かかる子

 

色々なお子さんがいますが

 

3歳ぐらいを目安にしています

 

そうすればその後の伸びが全く変わってきます

 

この間も、言葉が遅いといって入ってきた3歳お子さんがいました

 

どうもお母さんに嫌われていると思っているようなので

 

そこを改善するように指導しました

 

2回ぐらいの指導で

 

レッスンで全部言ってくれたし

 

取り組みも一生懸命やるし

 

復唱してと言ったら全部復唱してくれるし

 

お母さんは驚かれていましたが

 

普通のお子さんですよね

 

お母さんの関わり方が大分間違っていたので

 

一つ一つ直してもらいました

 

すっかり嫌われているはなくなったようです

 

そうなんですよね

 

お母さんもやり方が分からないだけなんですよね

 

やり方さえわかれば

 

この様にお子さんは変わるというより

 

元に戻ってくれます

 

なにか問題を指摘されていらした方も

 

8割は普通の子でした

 

2割ぐらいは何かしら生まれつき持っている子でしたが

 

そんなお子さんでもお母さんの愛情で

 

IQが小学4年生ぐらいで普通の範囲に入ってくる子も

 

結構いました

 

全く難しかったお子さんは3名ぐらいでした

 

その子たちは先天性の何かを持っている様でした

 

でもほとんどのお子さんが

 

お母さんの関わり方で変わることは

 

分かりました

 

かえって全く普通の子が

 

何かしら障害があるよに見えている方が多いことに

 

驚きました

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

この様な子にしましょうの指導とこの様につき合うとこうなりますの指導の違い

はまぞう20

よくある指導は、本を読んだ理想形

講習会で聞いた理想形を説明するやり方が多ですね

もちろん正論ですが

そんなのは本を読めばわかりますよね

でもどうしたらそうなるかを

指導出来ないお教室が多い様ですね

やり方の方を聞きたいと思うのですが

何が足りていないのか

何が間違っていたのかですよね

理想を追いかけると

どうも形だけ理想に近づけようとしてしまい

反対にお子さんに頑張らせてしまい

いい子を演じる子になってしまいます

年齢にもよりますが

いい子すぎるのは特に注意してみます

やはりいかに自分の感情(喜怒哀楽)を

自由に出せる様にしてあげられるかですよね

これはお子さんの性格によっても

対応が変わるところなので難しいところですね

そんな勉強会をするよに心がけています

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

導くがやらせるになっていくことが多いのが心配

NON_2021

勉強会でお子さんの気持ちに共感して

 

お子さんの心を理解して

 

導いていくと説明していますが

 

なかなか理解が難しいようで

 

いい子にさせているのを導いていると思ってしまうようだ

 

導くとはそうしたくなるようにすることで

 

ちょっと難しいけど

 

お母さんの声のかけ方で

 

自分からやりたくなるようになります

 

それが導くです

 

意外に自分で判断して

 

自分で決めたことは頑張るものです

 

そうしたい気持ちをつくることが大切です

 

そんな勉強会をしています

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

いい子に見えるように頑張ってることに気付いていない方多いな

P15-1543

年長や小学生でいい子に見えるのはいいけど

 

2歳ぐらいで、どこでもいい子なんてありえないよね

 

でもそんな姿のお子さんに

 

あこがれを持ってしまうお母さんって

 

結構多いね

 

外でいい子はまだいいけど

 

外でも家でもいい子は

 

考えられない

 

好奇心一杯な年齢で

 

いい子なんかしてられない

 

それは好奇心を奪ってしまって

 

お母さんに嫌われないだけ頑張る

 

いい子演じるもの思っている子

 

10年後20年後が見えてないなと思えてしまう

 

昔危ないなと思って

 

毎週のように指導していたお母さんがいた

 

でも自分も厳しくされたから

 

今があるといって聞き耳を待たない

 

大体6歳位までの記憶って

 

潜在脳に入ってしまうから

 

あやふやにしか覚えていない

 

小学生くらいで厳しかったのを勘違いするんだよね

 

小学生くらいなら

 

理性も育って

 

いい悪いも分かっているから

 

厳しいことも正しく考えられるから

 

あまり問題は出ない

 

逆に幼児期に厳しくすると

 

小学生くらいで激しく反発にあい

 

かえって何も意見もしつけも出来なくて

 

ただのわがままになってしまう

 

そんなケースは多いよね

 

まだ反発してくれればいいけど

 

ただの無気力な人間になってしまうのはもっと困る

 

前出のお母さんのお子さんも

 

小学生で、お母さんや先生の前はいい子

 

実は陰ですごいいじめっ子だった

 

親が怖いから友達にうっぷん晴らししていたんだよね

 

幼児期はやはり

 

非認知能力を育てる時

 

好奇心を育て

 

自尊心を育て

 

自我を育て

 

自我で自己コントロールを覚え

 

発散を覚え

 

心の成長をしていくときなのに

 

それが自分の目標を見つけ

 

目標の為に社会の為に

 

頑張れる子の基本になるのに

 

もっと自由にして

 

見守って

 

正しく導くそんな子育てを広めたい

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

「レッスン 意固地」こんな検索がありました

P7-0279

もしこれがレッスン中に意固地になっていたとすれば

 

先生の扱い方も、お母さんと同じになっているということです

 

つまりお子さんの気持ちを考えずにやらせるレッスンになっているといるということです

 

わたしたちのお教室で言えば

 

お母さんには悪態をついたり意固地になったりしますが

 

先生に対してはすごく素直です

 

とても一生懸命いうことを聞いてくれます

 

それは常々お子さんの気持ちの代弁をしてあげるからだと思います

 

お子さんの気持ちをお母さんに伝えてあげると

 

ニコニコしてうなずいてくれます

 

そうすると一生懸命先生の言うことを聞いてがんばってくれます

 

家でもお母さんがお子さんの気持ちに沿った子育てをすれば

 

素直な子になります

 

ただし気持ちに沿うのと

 

いいなりになるのは違います

 

いいなりになると必ずわがままになります

 

気持ちを理解して

 

共感しながらうまく導いてあげると素直なお子さんいなります

 

なかなか勉強会でも理解していただくのに

 

苦労するところです

 

なので余計に先生が正しくお手本を見せられなければ

 

素直かお子さんにできません

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

やっぱりお子さんが泣いたり怒ったりするの嫌なんだろうな

2014七田チャイルドアカデミー0046

1歳半から2歳半の「イヤイヤ期」「ダダコネ期」

 

やはり、頑張っているお母さん達には理解できないし

 

イライラの原因になっているんだなと感じます

 

でもお子さんにとっては正常な心の成長ですよ

 

どうも、先回りしてごまかしている方が多い

 

めんどくさくなる前にうまくごまかそうとしているように見える

 

それが、お子さんの能力を伸ばす妨げになっていますよ

 

「イヤイヤ」も「ダダコネ」もお子さんの重要な感情表現です

 

心の成長に欠かせないものです

 

付き合うのは大変です

 

でもこの1年半ぐらいしっかり付き合うと

 

後が非常に楽な子育てになりますよ

 

付き合わないと多分ずっと怒れる子育てになりますよ

 

今一番大事な時期だと思い

 

しっかり付き合いましょう

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

今日ふと思い出した、幼児期にとにかく何でもやらしてきた子、愛情だけ豊富で何もさせない子

2014七田チャイルドアカデミー1506

今日勉強会していてふと思い出した

ともに年長から入ったお子さん

一人は、他の七田でとにかく厳しく

叱られながら記憶をして来た子と

お母さんが優しくて

お子さんのいいなりで何もしなかった子

対照的なお子さんが

6年生まで通ってきてくれた

1年生入ってまず

前者の子は

やったことがないと泣き出し

「お母さに教えてもらう」

と言って何もやろうとしなかった

後者の子は

とにかく言われたことを一生懸命取り組んだ

前者の子は3年生ぐらいは幼児期の貯金でよかったけど

そのあとは急降下

後者の子は6年生の2学期ぐらいから

急に色々できるようになってしっかりしだした

5年生ぐらいまで宇宙人と言われるぐらいとんだ子だったけど

受験問題をやらせてみたら

突然答えが湧いてきた

式を立てるわけではないが

本人の頭では確かにわかっているようでした

極端ですが、やはり愛情が一番

次に情報のインプット

アウトプットは出るタイミングでということでしょうか

もう高校生になっているとおもいますが

どうなっているのかな

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい