やはり幼児期に心を育てて、小学生以降伸びる子に

842A0216

やはり幼児期にできる子ではなく

 

小学生以降伸びる子にする

 

そんな子育てが大切だと思います

 

理想を言えば

 

胎教から始めて

 

愛されている自信を持って生まれてくるのが

 

いいと思います

 

遅くても

 

「イヤイヤ期」の時期から

 

しっかり「イヤイヤ」の対応

 

「ダダコネ」の対応

 

そこを勉強会や、日々のレッスンの時の指導で

 

学んでもらい

 

お子さんに勘違いを起こさないようにして

 

しっかり愛されている自信をつけて

 

自我を発揮して

 

好奇心を発揮して

 

その自我で自分の心をコントロールすることを教えて

 

3歳までに心の土台を作ってあげると

 

幼稚園でもお教室のレッスンでも

 

落ち着いて集中力のある子が育ちます

 

そのためには

 

日々のお母さんの

 

お子さんとのかかわり方で決まってきます

 

この時期の関わり方で

 

脳の成長が明らかに変わります

 

先生のお話が集中して聞けるか

 

野生児の様になるのかが決まります

 

お子さんを見ると大体どんなかかわり方を

 

してきたかが分かるものです

 

何とか5歳ぐらいまでは

 

ある程度挽回できますが

 

それ以上になると挽回が難しくなります

 

よく5歳ぐらいで他の幼児教室から

 

移動してくることがありますが

 

出来る様に見えますが

 

小学生以降伸びません

 

そんなお子さんは

 

いい子をに見せるのは得意ですが

 

心が全く育っていません

 

お母さんに怒られないすべを覚えているだけで

 

いい悪いの判断が何も分かっていません

 

そんなお子さんの心を育てるのに

 

小学6年間かかったこともあります

 

3歳いまでに心の土台ができたお子さんは

 

その後楽しくレッスンやお勉強に取り組むようになります

 

やらされる勉強ではなく

 

楽しむ勉強になるので

 

小学生以降伸びる素地が出来上がるのです

 

待ちがいなく

 

記憶力と処理の力の基礎は出来上がります

 

年中、年長で思考力の基本を作り

 

小学生で思考力を伸ばしていくと

 

小学4年生以降自分で勉強が出来る子に育っています

 

この様に10年先を見据えた子育てを考えると

 

幼児期は非認知スキルを伸ばすとき

 

特に心豊かにする時だと思います

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

幼児教室が「大丈夫大丈夫」だけの指導ではお子さんの将来はなくなるよね

P9-0573

時々聞く話だけど

お子さんがしっかりレッスンが受けられなくても

「今日はどうしたのかしら」

「動いても聞いていればいいですよ」

「大丈夫大丈夫」

もうやめたいというと

「今まで一緒に頑張ってきたじゃない」

「もったいないわよ」

そんな事しか言わない幼児教室があるようです

それって、母親指導でしょうか?

お母さんの心配は解決していませんよね?

どう見てもやめないようにするための

ごまかしの言葉ですよね

大体お子さんの動きを見ていれば

お母さんから普段の様子を聞けば

何が原因で動くのか

何が原因で落ち着きがないのか

何が原因で泣けてしまうのかは分かるものです

しっかりお子さんとのかかわり方を

ご指導すれば

90%位のお子さんはしっかりレッスンを受けられるように

なるものです

10パーセント位の方は何度勉強会しても

お母さんのトラウマが強すぎて

対応が取れない方がいる様です

しかしほとんどの場合熱心なお母さんが多いので

3か月から1年ぐらいで

集中してレッスンが受けられるようになります

なので平均で10年ぐらい通っていただいています

今までの最長は約17年です

今でも10年以上お子さんが15人くらいはいます

転勤と中学受験に移行しなければ

多分その倍はいたと思います

幼稚園の先生や

小学校の先生におどかれる

そんなお子さんも増えています

先生の言う事がしっかり聞けて

すぐ行動に移せるのでおどかれるようです

でも当たり前のことですよね

そのあたりまえが出来ないようになっているようです

お教室とお母さんがうまく連携できれば

しっかり行動できるお子さんが育てていけると思います

気休めを言われて

ずるずると年少年中までいて

移ってきた方は大変後悔しています

そうですよね

一番いい時を無駄にしてしまっているので

取り返しが非常に大変です

我慢させて勉強させても

無理やり勉強させても

イライラしながらレッスンを受けても

伸びる子にはなりません

心が元気なお子さんは

自然に好奇心を発揮してくれます

自然に吸収していきます

そんなお子さんに育てましょう

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

無事ウーママフェスタ終わりました

2016ウーママ

 

中部本部岩田さんの協力もあり

 

ESP大会0才児から5歳児まで結構参加してもらえました

 

まだ、遠巻きに様子をうかがうお母さんもいたようで

 

もう少し、声がけが必要だったかもしれません

 

回を重ねるごと

 

アンケートにお答えしていただける方

 

体験予約していただける方が

 

増えてきてうれしく思います

 

3年前始めて参加したときは

 

何をしたらいいかわからず

 

数名の方とお話させていただいただけだったように思います

 

まだまだ警戒心がぬぐえず

 

遠巻きに見ていた方がいらっしゃるようなので

 

もっと気軽に参加していただける雰囲気作りが必要かもしれません

 

ご興味がある方は、気軽にお話がけしていただけるよう

 

工夫していきたいともいます

 

決して執拗な勧誘はしませんの気軽に

 

参加していただきたいものです

 

一度体験レッスンもしていただければ

 

お教室の雰囲気も分かっていただけると思います

 

最後に今回開催していただいた

 

有澤さん及びスタッフの皆さん大変ありがとうございました

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

 

お子さんの本音が見えてないな、お子さんは愛してもらうために頑張ってますよ

P120924

 

意外と、お子さんの言葉鵜呑みにしているご両親が多いことに驚きます

 

お子さんは、お父さんお母さんに

 

大好きでいてもらうのに頑張っています

 

泣かれるのが嫌いなご両親だと

 

一生懸命泣かないように頑張ります

 

それでも泣けると

 

全然違う所に原因を持っていきます

 

それを真に受けるご両親が多いのには驚きます

 

それはご両親が怖いだけですよ

 

無条件で愛されている自信がある子は

 

はっきり言います

 

でも泣くと一生懸命泣き止ませようと頑張って

 

イライラしだすご両親を見たら言えないですよね

 

嫌われたら生きていけませんから

 

昔泣いている子を抱っこしてあげたら

 

「お母さんなんか大っ嫌い」

 

と叫びながら泣いていたのに

 

お母さんと目があったとたんびっくりして

 

「お母さん大好き」

 

と言い直した3歳のお子さんがいました

 

特に3歳までのお子さんは

 

意思疎通や感情表現やストレスの発散

 

すべてを泣くことで行っています

 

しっかっ付き合っていくと

 

泣き方で何を訴えているのかが分かるものです

 

今のご両親の多くは泣く事=かわいそう と

 

おっしゃる方が多いですが

 

私には、「イライラするからやめて」

 

に聞こえます

 

多分親御さんの心がうずいてトラウマが出てきて

 

苦しくなっているのだと思います

 

お子さんから

 

素直感情表現を奪うのは危険です

 

何も言えない何もできない子になるか

 

切れやすい子になるか

 

どっちかの傾向が出てきます

 

もっとお子さんの心に寄り添ってみてください

 

素直な感情が出てきて

 

始めはいい子50%悪い子50%ぐらいから始まって

 

年中年長と成長していくと

 

いい子80%悪い子20%と自己コントローできる子になります

 

それが脳の発育の基本なので

 

そうなったお子さんの

 

吸収力は素晴らしいです

 

週1回のレッスンでもどんどん吸収していきます

 

お父さんやお母さんの会話でどんどん吸収していきます

 

そんな勉強会しています

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

どうも今を気にしすぎて、将来をつぶしている方が多い、先を見た子育てを

はまぞう11

 

どうも見ていると

 

今座れる子

 

今できる子を

 

母さんたちが安心する

 

その子本当に自然に座れているのかな

 

お母さんに嫌われないように

 

頑張って座っている子

 

母さんは安心だけど

 

私たちの目には苦しく見える子が

 

時々います

 

そんなお子さんは

 

待ちがいなく小学3年生までですよね

 

なんとなくできているので

 

私たちのアドバイスも入らない、分からない

 

非常に残念に思います

 

いま出来ている子って本当に出来ているのかな

 

結構出来るを見せてお母さんに褒めてもらいたいが

 

強いお子さん、そんなお子さんもいます

 

やは小学3年生までかな

 

時々いますよね

 

自然に好奇心が旺盛で

 

やっている子

 

好奇心に負けて少し動いてしまう子

 

何してもお母さんに愛されている自信のある子

 

その時できなくても

 

反対にお母さんが見ているから恥ずかしい

 

そんな子がそんなお子さんが後で能力が高い子だったりします

 

10年後お子さんがどんなお子さんいなっているかを

 

考えながら、

 

今は好奇心を満足させ

 

自我を育て

 

自尊心を育て

 

自制心を育てていく時期

 

とか

 

いい悪いをしっかり教えていくとき

 

とか

 

インプットをしっかりする時とか

 

要するに今は別に出来る出来ないはどうでもいい時とか

 

色んなことが見えてきます

 

そんな時期、時期に合わせた勉強会をしています

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

特に3歳までに気持ちを分かってあげる事で愛情を伝える

はまぞう13

子育て指導をしていて

 

一番難しいのは

 

1歳半から3歳の時期に愛情をしっかり伝える事

 

「イヤイヤ期」「ダダコネ期」として

 

大変な時期と思われている方が多いと思いますが

 

なぜ「イヤイヤ」が起きるか

 

自我の芽生えで自己主張の始まり

 

しっかり聞いてあげて付き合ってあげれば

 

実はそんなに大変ではないのですが

 

どうも「イヤイヤ」をごまかす方が多いので

 

余計にエスカレートしているのです

 

「ダダコネ」も一緒で

 

大体が挫折感情からくるカンシャクです

 

未熟な心がはじけて元の状態に戻ろうとしているだけなので

 

しっかり聞いて慰めてあげれば

 

20分~30分で元に戻るのに

 

やはりごまかして抑えようとするので

 

元の心に戻れず

 

いわゆる切れやすい子になっているだけで

 

お子さんの気持ちを理解して

 

付き合って

 

ダメなものはダメで

 

でもやりたいねと分かってあげると

 

元気の心になっていきます

 

そんな付き合いをしていけば

 

自分で自分の心をコントロールする子に

 

しっかり成長するのに

 

ごまかして形だけいい子にしようとするので

 

いい子を演じて

 

嫌われないように頑張って

 

何も分からない何もできない

 

指示待ちの子が出来上がるのです

 

しっかりお子さんの気持ちに沿って

 

しっかりお子さん感情に付き合って

 

しっかりいい事悪いことを教えて

 

自我を尊重して

 

自尊心を尊重して

 

自制心を発揮できるお子さんにしてあげると

 

しっかり愛情が伝わり

 

自然に伸びるお子さんになります

 

好奇心旺盛で

 

いつの間にか吸収しているお子さんに

 

聞いているだけで

 

いつの間にか知っているお子さんが

 

現れます

 

一緒にそんな子育てをしませんか

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

つきものだけど、体験だけまねる同業者が見に来る 指導力と内容が大事なのに

2014七田チャイルドアカデミー0023

体験レッスンが増えだすと

 

生徒の質問と言うより

 

同業者の質問だよなと思うことが

 

多々ある

 

色々体験してきた生徒さんに聞くと

 

体験はほぼ一緒の事をやっているようだ

 

まあ見に来ているからね

 

でも入ってから、全く違った

 

全く指導がなかったといって

 

1,2年後にやってくる方もいる

 

口をそろえて言うのは

 

お金のかけ損だった

 

私にはお金より

 

お子さんの将来にとって

 

ものすごい損失つだと思う

 

この大事な時期の2年間を挽回するのに

 

どれだけかかるのか

 

それを考えると

 

本当にお子さんがわいそうになってくる

 

お金儲けでやっているのだろうけど

 

お子さんの将来背負ってとは思わないのだろうか

 

思っていたら同業者の体験レッスン見るより

 

勉強する事山ほどあるよね

 

入室して効果あるレッスンにするだけで

 

2,3か月の母親指導いるからね

 

長くかかる方で1年や2年という方もいる

 

そんな方も指導し続けなければ

 

能力は育たないものね

 

教育の場だけは自分さえ良ければは

 

なくしてほしいものです

 

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

意外とお子さんの頑張り見えてないな

2014七田チャイルドアカデミー0042

いろんなところで見ていると

体験レッスンでいらっしゃるお子さんを

見ていると

我慢しているな

頑張りすぎているな

心が宙を浮いているな

と見えてくるお子さんが

結構いる

入室していただくと

まず1か月ぐらいかけて

お子さんの心の勉強をしてもらい

お子さんとのかかわり方を勉強してもらい

実際にやり方を実践しながら

お子さんの心をほぐしていく

やはり、そんなお子さんは

全く違う自分を出し始める

大人しいお子さんと思われていた子が

実はすごく活発なお子さんだったり

手が付けられないぐらい暴れる子が

実は、すごいしっかりしていた子だっり

まるっきり違うお子さんがあらわれる

お母さんは

「まるで別人」

と驚く

でも初めから

見えてましたよ

お子さんが、抑え込んでしまっているだけでしたよ

大体見えるようになりました

これもたくさんのお子さんを

見てきたおかげだと思います

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

6歳までのお子さんの行動には必ず意味がる

P120924

結構お子さんたちは、お母さんたちを悩ます行動をおこす

でもそのほとんどが、お子さんたちにとっては必要な行動です

長年  幼児教室をやってきて、たくさんのお子さんを見てきて

無意味な行動は、ほとんどないことに気付かされました

ちょっとした事で泣きだしたり

ちょっとした事で怒りだしたり

ちょっとした事ですねてしまったり

ちょっとした事で暴れだしたり

やたらと甘えてきたり

やたらと抱っこをせがんできたり

色々な事が、目まぐるしくおきます

でも、無駄なことはしていないのです

必要なことをしています

心の成長に必要なこと

心を元気にするため必要なこと

お母さんから愛情をもらうために必要なこと

不安を解消するために必要なこと

だけど、なぜ困った行動に見えるのか

さんざん頑張った後

何かをきっかけに、何か大義名分を見つけて

始めるからです

我慢しすぎて、耐えられなくなって始めるからです

お母さんにとって、なんでこんな事で

何でこんな時

そう思えてしまうので、

困ったことに見えるのです

実は、本当の原因は違うところにあります

全然違うところに目的があったりします

日ごろから親子関係かよくて

愛されている自信のある子は

もっと直接的に訴えてきます

でも自信のない子は

何とか気づけとばかり

いろんなことをします

そんな時はまず

基本は、お子さんの心に共感です

でも、危険なのは共感といいなりは違います

簡単に言うと

「やりたいね、やりたいね、でもできないね、やりたいね」

という感じです。いろんな場面で対応は変わりますが

気持ちを分かってあげることで、いいなりになるこではありません

そんな勉強会しています

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

転ばぬ先の杖は、お子さんが何もできない子に

P9-0470

いろんなところで、こうしなさい、ああしなさい、はやくしなさい

結構しなさいを耳ににすることがおくある

あれはダメ、これはダメ、これは気をつけなさい

そんな声もよく耳にする
それを聞いてるお子さんは、どう思っているのだろう

 

きっとお母さんは、お子さんのために教えているつもりだと思うけど

 

実は、心のどっかで本当にお母さんが言ってあげないと何もできないんだから

と思ってしまっている

するとお子さんは

どうせ僕はお母さんがいないと何もできませんよ

期待に応えて、なにもしないよ

になっていたりしている

 

心の中で、本当に愚図な子なんだからと思っていたりする

だから先手先手を打って、言ってあげなきゃ

するとお子さんは

どうせ僕は何でもやることが遅いですよ

ご期待に応えますよ

これでお母さん満足だよね、

期待道理の愚図だから

と思っているんだろうなと思います。

ちょっとした、すれ違いなんだけど

いい子にしたいお母さんと

お母さんの期待に応えたいお子さんと

きっともっと何も自分でできなくなって

きっともっとゆっくりな子に

 

なってしまうよ

 

ちょっと言葉を変えて

 

「こうしてくれるかな」

 

「こうするとうまくいくよ」

 

といって少し待ってあげる

 

少しでもやろうとしたら--すごいとほめる

 

ちょっと上手になったら--すごいとほめる

 

ちょっと早くなったら--すごいとほめる

 

ちょっとお母さんの時間をお子さんにあげないといけないけど

 

お母さんが忙しいから、しなさいこうげきになるんだろうけど

 

でも、ちょっとお子さんを信じてできると信じて

 

ちょっとお子さんに時間を上げれば

 

きっと誇らしげにやってくれるお子さんに会える

 

自分からさっさとかたずけてしまう子に会える

 

お子さんは、ほめてほしいから頑張る

 

お母さんのように何でもできると思っている

 

でもうまくいかないから、時々カンシャク起こすけど

 

励ましながら、ほめながらちょっと待ってあげれば

 

きっとお母さんを信頼して、その信頼を裏切らないお子さんに

 

会えますよ。

 

まずは、自分のお子さんを信頼してあげてください。

そんな指導しています

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい