先取り学習を能力開発と混同している方がいる(お母さんの幼児期の関わり方で変わる)

P7-0203

最近気になることがある

 

お教室を始めて17年

 

始めたころのお母さんは

 

校長の本を読んで来ていた方が多かった

 

なので、無理な先取り学習をさせる方は少なかった

 

今は認知スキルは、6歳までに鍛えても

 

8歳で横並びになる言う研究結果も出ているようです

 

私が見ていても

 

6歳までに、学習ばかり一生懸命で

 

出来る出来ないにこだわっていたお子さんは

 

小学校に入ると

 

4年生ぐらいから何もできない子に変わっていく子が多かった

 

幼児期は、イメージ力が豊かな時

 

感覚的に感じてもらえばいい

 

記憶の種を植える時で

 

出来る必要はない

 

お母さん方にとっては

 

目に見えないことが多いので

 

不安になることがあるようだけど

 

認知スキルの出方は

 

どうも身体的発育と同じで

 

個人差が大きい

 

もちろん5歳6歳で

 

いろいろできてしまう子もいる

 

でもそれは、成長が早いだけで

 

8歳で差がなくなる

 

幼児期は、感性を磨き

 

愛情を一杯もらって

 

愛されている自信を付けて

 

好奇心を目いっぱい発揮して

 

遊びといたずらから、たくさん学び

 

お母さんやお父さんお友達を見て

 

いろんなことを学ぶ

 

そこにはやはり、お母さんが大切で

 

読み聞かせる

 

やって見せる

 

この豊富さが

 

大きくなってきたとき

 

差が出てくる

 

記憶の種をいっぱいになっていく

 

お教室は、そんな環境を作るお手伝い

 

豊富な情報を見せる場所

 

お母さんと一緒に楽しむ場所

 

お母さんと一緒だから

 

自然に分かってしまう

 

お家での愛情の伝え方

 

ダダコネの付き合い方

 

それを学んでもらうと

 

結構ダダコネ(イヤイヤ期)も

 

楽しめているお母さんいますよ

 

そんな子さんは

 

一年ごとの成長が

 

とても楽しみです

 

一年生の時一番できなかったお子さんが

 

三年生ぐらい一番で来ていたりしています

 

そこが、先取り学習と

 

能力開発の大きな違いです

 

幼児期に苦労して覚えさせられたことも

 

3年生くらいでは一瞬で分かってしまいます

 

やはりお子さんを伸ばすのは

 

お母さん次第です

 

そのお手伝いをするのが

 

お教室です

 

そんな勉強会をしています

 

勉強会は個別でしています

 

メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも

 

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に無料体験レッスンにいらして下さい。

 

やっぱり気になるお子さんの気持ちをごまかす子育て(お母さんの対応をちょっと変えれば)

IMG_0301

体験レッスンやいろんな場所で聞く子育て

 

多くは、お子さんの気持ちをはぐらかして

 

泣かせない、ぐずらせない子育てを

 

している方が多いと感じます

 

お子さんもしっかり感情を持っています

 

むしろ0歳1歳2歳は

 

感情中心の時期だと思います

 

泣くには目的があります

 

ぐずるのには理由があります

 

ただごまかしていると

 

感情を出してはいけない

 

母さん何も分かってくれない

 

と思ってしまい

 

無理に我慢して

 

無理にいい子する

 

そんなお子さんになります

 

だんだん大きくなると

 

子育てが大変になります

 

落ち着きのない子になります

 

何も考えない子になります

 

お母さんの顔色だけうかがう子になります

 

泣くには泣く理由と目的があります

 

抱っこが基本で、ごまかすずに付き合う

 

疲れてしまったのかもしれません

 

眠いのかもしれません

 

お腹がすいたのかもしれません

 

怒っているのかもしれません

 

泣いている子

 

ぐずっている子を抱っこして

 

「大変だよね」

 

「疲れたよね」

 

「ねむよね」

 

「遊んでほしいよね」

 

など声をかけると

 

理由が見えることもあります

 

一日の行動を思い返せば

 

理由が分かることもあります

 

ここをうまく乗り切ると

 

特に(イヤイヤ期を)を

 

うまく乗り切ると

 

楽しい子育てが待っています

 

お教室では

 

お母さんとお話しながら

 

対応の仕方を指導しています

 

状況が分かると大体分かります

 

メールやメッセンジャーで質問してくるお母さんも

 

いらっしゃいます

 

その都度説明しています

 

一人で悩まず

 

お教室一緒に子育てをしてくと

 

いつの間にか楽しい子育てに変わります

 

よくお教室のお母さんに言われます

 

「子育てが楽しくなった」

 

「自分の子がこんなに出来るとは思わなかった」

 

小学生のお母さんが

 

「勉強に対する取り組みが変わった」

 

と驚かれています

 

たまに来るお父さんも

 

わが子のすごさに驚いて帰ります

 

これもお母さんの対応を

 

正しくするだけです

 

どうも、お母さんが楽な方法がうわさで広がっています

 

その時は楽出来ても後で大変になります

 

お子さんにも当然心があります

 

お子さんの気持ちに沿っ子育てをすると

 

愛情が伝わり

 

親子の信頼関係ができ

 

楽しい子育てに変わります

 

その方法を勉強会で学んでもらいます

 

いつの間にか優秀になったお子さん

 

見てみませんか

 

勉強会は個別で行っています

 

メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも

 

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に無料体験レッスン及び教室説明会に
来てください

やはり我慢と自己コントロールの違い見えていないな

はまぞう11

いろんなところで耳にする

そのくらい我慢しなさい

もう我慢できるでしょ

どうも我慢できる子がいい子だと

思われている方が多い

たくさんのお子さんを見ていると

我慢しているのか

自然にできているのかが

見えてくる

我慢している子は

イライラが体からあふれている

そんな子が小学生以上になっていくと

大体が落ち着きのない子と呼ばれるか

おとなしいお子さんですねと(何もしない子と思われている)いわれる

自然にできている子は

あたりまえにやっているのに

我慢している子に

いい子ぶってといわれてしまう

不思議な世界がある

しっかり、いい悪いの判断ができて

心が落ち着いている子は

あたり前にしていることなのに

しっかり自分の心を自然にコントロールしているから

無理していないし、我慢もしていない

 

そんなお子さんに育てることが

 

大切だと考えています

 

そのお手伝いをするのも

 

お教室の仕事の一つ

 

と考えています

これは、イヤイヤ期(ダダコネ期)をしっかり受け止めて

お子さんの自我と自尊心を大切にしてあげて

 

愛情をしっかり伝えると

ちゃんと会話や説明で分かるようになる

大切なのは、

 

後はできると

 

お子さんを信頼して

ゆっくり待ってあげること

お子さんの性格によっても
やり方は変わってきますが

 

お教室と一緒に考えていきます

そんな対応をお母さんができると

正しい行動を

自然にしてくれる子になります

もっとも男の子は少し時間がかかりますが

そんな勉強会をよくしていますが

お母さんたちがしっかり実行するのには

時間がかかるようです

ゆっくりお教室とやっていきましょう

 

勉強会は個別でしています

 

メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも

 

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に無料体験レッスン及び教室説明会に
来てください

お子さんは何のために勉強して、お母さんは何のために勉強させたいのか(お母さん自分の目標になっていませんか)

P9-174

子どもたちを見ていると、時々不思議に思うことがある。

明らかに、二通りのお子さんがいる。
お母さんの期待に応える勉強している子と
自分の好奇心を満足させる勉強している子
期待に応える勉強は
うまくいかなくなると
逃げてしまうか
できた振りをする子になる
そんな小学生を
自分のための勉強に変えるのに
6年間かかったこともある
変えれなかったこともある
幼児期のやり方と
お子さんの性格で変わってしまう
どちらかというと
やさしくてまじめな子に
できるを要求すると
お母さんの期待に応えようと
できるように見せる勉強になり
うまくいかなくなると
一生懸命うまくいかない理由を考える
そんな事考えている暇があれば
勉強できるようになるのに
力を使う方向が違うよ
いくら説明しても
お母さんが変わらないと
なかなか変えられない
幼児期に
お子さんの好奇心に付き合って
好奇心を伸ばすように
育てた子
要は出来る出来ないではない
非認知スキルをしっかり育てたお子さん
いつでも
自分の目標に向かっていく
4年生ぐらいになると
自分なりの勉強方法が決まってきている
やっぱり幼児期で決まっているように思う
小学生になってから変えるのは大変
お教室と一緒に
うまくお子さんを
引っ張る勉強して
自分のための勉強を
する子を育てましょう
お母さんに
気づいてもらえるように
一生懸命
個別で勉強会しています
メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも
お答えしています

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室・浜松北教室の無料体験レッスンを受けてみてください。

だんだん大きくなると共感と会話が大事かな(お母さんとお子さんの会話が大事)

はまぞう17

色々なところで親子を見ていると

不思議に思うことがある

お母さんは

子育てに一生懸命

だけどどこか違う

どうも、子どもは

こうあるべきだ

みんなこうしている

みんなこう言っている

みんなと一緒が安心

そんな風に思っている様に見える
よく考えてみてください

お子さんの性格は

みんな違う

お母さんの性格も

みんな違う

だから

正解はないんだということ

いつも勉強会で言っていることがる

会話を増やしてください

何でもお母さんに言える

そんな環境を作ってください

そのために

まずは、たわいない会話を

今日の出来事を

日常会話にしてください

お子さんのしゃべったことに

まず共感をしてください

いい事も、悪いことも

「そうなんだ」

お母さんは聞いてくれる

お母さんは分かってくれる

その環境が大事です

内容は、お子さんの成長とともに

お子さんが考えます

合ってる、間違ってる

は関係ないのです

質問されたら

「あなたは、どう思うの」

とまず返してください

その後で

「お母さんはこう思うよ」

だけでいいです

後は自分で考えます

自分で正解を見つけます

まず、自分のお子さんを

信じましょう

こんな事勉強会で

しゃべっています

やってみてください

 

勉強会は個別で開いています

 

メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも

 

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室・浜松北教室の無料体験レッスンを受けてみてください。

うちの子お教室に合ってないと思いこむお母さんがいます、そんな事ないですよ

P9-3_001

時々、体験レッスンなどで落ち着かないお子さんがいます

 

すると、内の子興味がないんだなとか

 

内の子向いてないんだと

 

判断する方がいます

 

向いていない子はいません

 

お子さんに共通していることは

 

色々知りたい

 

やっと事のないことをやってみたいです

 

それがなぜ集中できないかですよね

 

そういう子さんの共通点は

 

頑張りすぎて、心が疲れているお子さんです

 

お母さんがいい子を求めすぎている

 

ダダコネがうまくできない

 

幼稚園で、嫌なことがあった

 

先生やお母さんの褒め方が下手な場合

 

など理由は様々ですが

 

勉強会でそれを解決すれば

 

みんなすごい集中力です

 

10年以上前ですが

 

体験レッスンに来たお子さんが

 

お教室の前で大泣き

 

どうしても教室に入れません

 

何とか入ってもらって

 

お母さんとお子さんとお話をして

 

問題点がいくつかありました

 

一つは予防接種のだまし射ちでした

 

もう一つはお母さんの声掛けが

 

命令で、いい子をさせようとしすぎでした

 

入室していただいたので

 

1か月個別で、勉強会をしながらレッスンをしてもらいました

 

2か月目からみんなと一緒に元気にレッスンを楽しんでいました

 

すごく意欲があり何でもできるお子さんでした

 

ちょっとしたお母さんの対応が

 

お子さんを苦しめていただけで

 

そこにお母さんが気づいてくれれば

 

みんな好奇心いっぱいで

 

意欲のあるお子さんに変わります

 

そんな勉強会をしています

 

勉強会はお子さんの性格やお母さんの性格があるので

 

個別で行っています

 

メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも

 

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

0歳1歳2歳でもういい子になっている

2014七田チャイルドアカデミー0035

いろんなお子さんを見ていて

不思議に思うことがある

もう、0歳1歳2歳で

とってもいい子のお子さんが増えている

そんなわけないよね

まだ、感性で動いている時期

いっぱいいたずらして、経験する時期

何がいい子か、分かってないはずだよね

でも、いい子が増えている

お母さんの期待に応えようと

お母さんの望みかなえようと

がんばっているんだね

もっとお母さんに

言いたいこと言っていいんだよ

うまく言えないよね

だから、もっとおこっていいんだよ

もっと泣いていいんだよ

もっと暴れていいんだよ

それを、お母さんがやさしく抱きしめて

聴いてくれるから

お母さんが疲れてくると

やさしく抱きしめてくれなくなる

だから、いい子しなくちゃいけないんだよね

でも無理しすぎると

爆発しちゃんだよね

それで、またお母さんを困らせてしまうんだよね

だから、もっと頑張らなくちゃ

またいい子頑張るんだよね

それが、負のループだよ

いっぱい怒って

いっぱい泣いて

いっぱいいたずらして

いっぱい抱きしめられて

いっぱいお話してもらって

いっぱい教えてもらって

それで成長するんだよね

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

気づかないうちにすれ違いが(お子さんもお母さんもうまく伝えられていない)

P7-0203

お母さんたちは、一生懸命愛情を注いでいるが

どうも、お子さんに伝わっていない

そんな感じがする

 

そうするといつのまにか

お子さんは、どうやったら愛されるか

そればかり考えるようになる

どうしてすれ違ってしまうのか

お母さんの、願いが邪魔していることもある

こういう子になってほしい

そんな気持ちが

つい、ああしなさい、こうしなさい

しつけのつもりが命令に

ただ口うるさく、叱られている感じになる

だから

お子さんは

どうやったらお母さんに愛してもらえるの

お母さんの言う通りやればいいの

になって、

お母さんの顔色ばかり気にして

自由にできない

心の成長もしない

お勉強も身につかない

やってる振り

分かっているアピール

だけどわかっていない

ちょっとした、歯車のずれが

だんだんおおきくなる

おたがいに、何でわかってくれないの

悩みは大きくなる

小学生になると

調整は、すごく大変になってしまう

よそのお教室で

怒られながら勉強してきた子が

年長の夏に移ってきた

その時は何でもできた

小学校に入って

何もしようとしない

でも、お母さんに怒られないように

頑張っていた

簡単な問題考えさせたら

やったことがないと

泣きだした

ちょっと考えればわかるよと言うと

お母さんに教えてもらうと

また泣き出した

その子の勉強は

お母さんを喜ばせるため

お母さんに怒られないため

お母さんもお子さんのため

お子さんの将来のため

でもやり方違ったんだよね

お互い相手のため

自分の勉強だよと

気づいてもらうのに

6年かかてしまった

もっとお子さんのペースで

楽しく楽しく

いっぱい抱きしめて

いっぱいほめて

できてもできなくてもいい

お子さんの興味を持ったものに

お母さんが応援団

どうもお母さんが安心したいが

先に来ると

歯車が崩れだす

愛情は

見守ること

信じてあげること

一緒にやってあげること

楽しくやることで伝わるのに

勉強も

遊びの一つになるのに

こんな子もいた

お出かけして

遅くなったら

今日は寝よとお母さんが言うと

まだプリントで遊んでない

といって

プリントしてから寝る子もいる

お子さんも楽しく

お母さんも楽しく

そんな環境で

愛情は伝わるような気がする

 

勉強会は個別でしています

 

メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも

 

お答えしています

幼児教育に興味のある方

七田チャイルドアカデミー浜松西教室・浜松北教室の無料体験レッスンにお越しください

胎教から子育ては始まっています

はまぞう20

 

意外と知られていませんが

 

お腹の中にいる赤ちゃんは、

 

お母さんと一緒に感じています

 

一緒に聞いています

 

お母さんのお腹の中にいたとき

 

お母さんが食べていたものを好きだったり

 

お母さんが聞いていた音楽好きだったり

 

お母さんが妊娠中穏やかに過ごしていると

 

穏やかなお子さんだったりします

 

もうすでに頭や心は成長を始めています

 

胎教をしたお子さんは

 

穏やかだったり

 

すでに好奇心いっぱいだったり

 

首の座りも早かったりします

 

幼児期のお勉強もスムーズです

 

もちろん小学生以降の

 

学習もスムーズです

 

これは幼児期の環境も必要ですが

 

親子関係も胎教からだと

 

築きやすいようです

 

勉強会は個別でしています

 

メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも

 

お答えしています

 

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室・浜松北教室の無料体験レッスンにいらしてください

時々いるお母さんから離れられない子(ママがいなくなちゃう大変、になってません)

P7-0279

 

時々耳にします

 

ちょっとでもお母さんが見えないと

 

大騒ぎ

 

0歳1歳なら当たり前だけど

 

多くの場合理由があります

 

思い出してみてください

 

買い物に行くとき、

 

楽しく遊んでいるから今のうち

 

寝ているからいまのうち

 

そっと出かけてしまったことありませんか?

 

夜寝付いたから

 

後は自分の時間

 

鳴き声の聞こえない部屋で

 

テレビを楽しんで

 

気が付いたら大泣きしていた

 

そんな事ありませんでしたか

 

お母さんの気持ちはわかりま

 

たまには、ゆっくり一人で買い物したわ、

 

ちょうど今寝てるから今のうち、

 

泣かれるのも大変だし

 

でもおこさんは大変です

 

ママが、私を置いていなくなっちゃった。

 

ママがいなくなっちゃうよ。

 

何か悪いことしたかな、

 

いい子にしなくちゃ、

 

ママ捕まえとかんきゃ大変

 

すっかりトラウマになっています

 

 

そんな時は

 

泣いても騒いでも

 

声をかけて出かけてください

 

「ママ今日は忙しいから、

 

お家でパパやおばあちゃんと待っていてね、

 

寂しいね分かるよでもお願い」

 

そして帰ってきたら

 

「よく待ってくれたね、○○ちゃんのおかげで、

 

しっかり買い物できたよ。

 

ありがとう」と言ってあげて抱きしめてください。

 

まてる子になりますよ。

 

勉強会は個別でしています

 

メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

 

七田チャイルドアカデミー浜松西教室・浜松北教室の無料体験レッスンにいらしてください