意外と理解力と思考力を育てるのは難しい

P9-3_001

意外と理解力と思考力を育てるのは

幼児期の育て方が大きいと思う

どちらも、じっくり時間をかけないと

うまく育たない

やはり愛されている自身を付けてあげること

命令ではなく

注意でもなく

質問や依頼で

自分で考え

自分で判断して

自分で行動する子にしなければ

そのためには

待ってあげないといけない

すぐに考えられるわけでもない

すぐに判断できるわけでもない

じっくり待ってあげる

正しい正しくないより

自分で判断したことを褒める

後は、判断するには情報がほしい

いろんな情報をインプットしてあげることも大切

こう考えると一番の基本は

無条件で愛されている自身を付けてあげることかな

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

受験が終わり二人卒業(結構いつの間にか大きくなったな)

jr_1

 

2月いっぱいで

入室して約17年のこと15年の子が卒業していきました

結構楽しくやってきました

中学生からは、自分で計画を立て

学習していたので

分からないところの質問を受けたり

間違ったやり方をしているときは

修正したりしていました

基本自分で、しっかり考え

自分で計画を立てれるお子さんなので

見守りが中心でした

後は、いい知らせが入るのを待っています

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

国立大学の試験が、理解力と思考力を見ているような気がする

はまぞう11

前々から、思考力の重要性が言われてきている

今回の大学入試も(まだ断片的な情報ですが)

なんか、しっかり理解しているか

思考力があるかを見ているような気がする

何をするにも

理解力と思考力が必要なので当然なのかもしれない

そのためには、結構根気強さが必要なようになると思う

理解力も思考力もはじめは、根気よく考えることから

開かれる

パターンかしたり要領よくが、楽かもしれないが

その分、原理原則がおろそかになる気がする

そんな性質も、幼児期から小学3年生ぐらいに

決まってくるような気がする

もちろん後で、変わる子もいると思うが

基本は、幼児期の育て方に起因するように思える

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

お子さんの理想像を描きすぎると苦しくなる(お母さんとお子さんはきっと違う性格だよ)

P120924

お母さんの願いは尽きない

これが出来ると次はこれが出来てほしい

自分の子どもの頃寂しかったから

子どもには寂しい思いをさせたくない

ついついお子さんの行動を観察して

導こうと無意識にしてしまう

でも、お子さんも一人の人間

お母さんと同じではない

自分の思う方向に

自分の力で

自分で考えて

進まなければいけない

色々な経験があっていい

すべてが成長の糧になる

常々お子さんたちに

自分のやりたいことは何と聞いている

自分のやりたいことが出来る人生がいいねと

そのためにはお母さんの手助けがいる

お母さんの愛情が

お子さんの行動の源になる

お母さんとの楽しい時間が

行動の活力になる

お母さんが見守ってくれていると

自信を持って行動ができる

そんな環境を作ってあげれたら

何が出来て何が出来ない

うまく育てた育てていない

何て、何も関係ないんじゃないかな

きっとお子さんが自分の力で

自分の道を切り開いていくよ

お母さんが完璧でなくてもいいよ

そんな気がするな

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

お子さんと遊ぶのが苦手な方が増えている

P6-02

色々なとこで見ていると

お子さんと遊ぶというより眺めている

そんなお母さんが多い

小さい時のお母さんんとの関わり方が

お子さんの人間関係の始まり

お母さんと遊ぶことが

お子さんが愛情を感じる時

お母さんと遊ぶことが

お子さんのストレスの発散

お子さんのイメージに合わせればいい

お子さんは何でもおもちゃにしてしまう

そのイメージをまねればいい

ちょっとそのイメージを広げてあげれば

もっといい

どうも他のお子さんと遊ばせたがる

でもお友達と遊ぶのも楽しいけれど

気は使っている

お母さんと遊ぶのの代わりにはならない

ボール一個でもお子さんは上手に遊ぶ

ボールを転がすだけでもいいのです

お子さんと遊ぶ時間を作りましょう

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています
幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

年少(3歳)位から考える基礎を作りたい

P9-3_001

3歳までに、愛されている自信のついている子は

自己肯定感を持ち

好奇心旺盛なり

挑戦する子になっていきます

そこで、お母さんの声かけ一つで

考えるお子さになります

基本的には

命令や否定をせず

お子さんの自尊心を気づけないように

判断権をお子さんに渡します

つまり

依頼か質問の形をとります

少し時間はかかりますが

任されると

結構正しい結論を出し

正しい行動をとります

間違えても

「それでいいの」

ぐらいにしておきます

しっかり考えて行動する子が育ちます

愛されている自身であることが前提条件にはなりますが

そんな勉強会を開いています

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

最近は、子育てを講演会や書籍で勉強しているお母さんが多い (お子さんやお母さんの性格を考えないと)

P7-0203

勉強会でお話していると

結構、講演会や書籍で勉強されている方が多い

子育て論だったり

お子さんの気持ちの勉強をしているようだ

でも実際は、実行に移っていない

理論だったり

一般論で話されても

いざ自分のお子さんにとなると

どうもうまくいかないとおっしゃる方多い

当然だと思います

お子さんの性格も

お母さんの性格も

みんな違う

だから、起こることも

受け取り方もみんな違う

そこに思考錯誤が必要になってくる

なので、お教室では

お子さんの性格やお母さんの性格を加味して

いくつかの方向性を考えて提案しています

そうすると、お子さんが見違えるように変わります

先日勉強会をしたお母さんが

「引っ込み思案で何もできな子だと思っていたら

すごい活発になりました」

と報告をもらいました

180度性格が変わったように見える方が結構多いです

実は変わったのではなく

その子の本当の性格を出せるようにしてあげているだけです

そんな勉強会をしています

それが伸びる子にする第一歩だからです

情報を受け取る心を育てることがとても大切です

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

今日も6か月のお子さんの体験レッスンでした

P7-03

やはり0歳児の集中力はすごい

最後までニコニコで体験レッスンを受けてくれました

この時期からやると、良く集中してくれます

イヤイヤ期の動きも、少なくて済むので

いいレッスンができます

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

やらせる勉強 自分でやる勉強(お母さんは自分でやる子さんに導く)

P14-1141

 

お母さんの悩みは尽きない

一番の悩みは、いかに勉強をやらせるか

ちょっと気になるのは、

とにかく机に向かわせる

長い時間 机に向かっていると

お母さんが安心する

一生懸命机に向かわせようとする

意外とお子さんは、勉強したいと思っている

特に幼児期から、お教室で学んできている子は

非認知スキルが伸びている

やる気だったり、好奇心が旺盛になっている

なぜ机に向かわないのか疑問に思うようだ

大体大きく分けると2つある

1つは、そんなにやらなくても学校で分かってしまう

だから、宿題程度でいいなだよと言う子

2つ目は、結構多いけど

学校のお友達関係で悩んでいたり、

先生との相性が悪くて悩んでいる

そんな時、ゆっくり机に向かって勉強は

とてもできない

それを、叱られて無理やりやらされると

だんだん、言い訳に勉強が嫌いといいだす

ただ、じっとしているのが大変なだけなのに

そんな時、お母さんから

「今日も1日よく頑張ってきたね」と抱きしめられ

お母さんと、おしゃべりしたり

お母さんと遊んだり楽しい時間を作ってあげると

意外と、気が付くと勉強してたりする

叱るより、効果がある

それでも、無理な時は

日曜日など休みの日に

思いっきり気分転換

やはり、叱られながら勉強をしてきたお子さんは

ちょっとの挫折で、勉強から逃げてしまう

自分でやってきたお子さんは

自分で工夫して

乗り越えていく

ここに大きな差が出てくる

誰でもそうだけど

命令されてやるより

自分で考えて工夫してやりたいもの

でも、すぐ叱られてしまうと

怒られたくないから指示待ちの子が出来上がる

お母さんたちができることは

勉強をさせることではなくて

勉強ができる状態にしてあげること

勉強をしたい環境を作ること

だからやはり

お子さんに愛情を一杯注ぐこと

お子さんの頑張りをほめてあげること

出来る出来ないにこだわらなこと

元気がなかったら

一緒に楽しく遊んであげること

思いっきり気分転換をしてあげること

それしかないように思う

そんな勉強かをしています

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。

やっと小学生コースの面談が終わりました

P15-4
今日で小学生コースの面談が終わりです。

うれしいことに、

「みんなお教室が楽しみなので

これからもよろしくお願いします」

と言われました。今年は塾に移る子もいなく

6年生はそのまま個別の中学生のクラスに進んでいただけました。

これから、幼児の面談を頑張っていきたいと思います。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方
七田チャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来て下さい。